お年玉袋の書き方は?お金の入れ方と気持ちよく受け取ってもらう渡し方


親戚が少なくてお年玉をあげる機会があまりないと、
どうやってあげたらいいのか、失礼があってはいけないですし
ちょっと迷います。調べてみました。



スポンサードリンク
  

お年玉袋の書き方


宛名等については、お年玉袋の表面左上にあげようとしている側の名前を書き
裏面左下にあげたい相手の名前を書くのがマナー的には正しいようです。

また、お年玉として包む金額は書きません

調べていると、宛名等の書き方について世の人の意見はだいぶ分かれていました。
お年玉袋の表面がデザインで埋まっていると名前を書く余地がないから書かない
だとか、渡す相手の名前が解ればいい、全く逆に渡す側の名前が書いてあれば
いいなどです。

こうなると先方の都合に合わせて書き方を分けたらいいかもしれないですね。
渡す相手が兄弟がいる子で、親戚も多いなら親御さんが後で困らないように
マナー通りに、誰に渡すのかと誰から渡すのかが明記されているほうが良い
でしょうし、親戚が多くないなら、渡す相手の名前だけ書いてあれば事は
足りると思います。

ちなみに私は一人っ子で親戚も多くなかったので、「○○さんへ」「○○君へ」と
私の名前が裏面に書かれてあるだけということが多かったように記憶しています。

お年玉袋への入れ方


お年玉袋にお金を入れるときは、お年玉袋を表向きにした状態で、お札や硬貨も
表向きにして入れる
のが正しいです。
お札の表は人物が印刷されている側で、硬貨の表は絵が描いてある側が表です。

お札を入れるときは、ピン札を用意して、表向きの状態で左→右の順番に
三つ折にします

人にあげるお金がピン札というのはお年玉に限ったことではないですよね。
相手が取り出したときに不愉快にならないための配慮ですから。

ちなみに、入れる金額は「年齢÷2×1000円」が相場だそうです。



スポンサードリンク

私が小学校の頃はお年玉でお札なんて貰っていたかな・・・?
500円持って駄菓子屋に行けばなんでもできる!と思っていたような。
最近の子は物入りなのですね?

お年玉袋の渡し方


折角善意で渡すので、トラブルなどないように気をつけたほうが良い点を

親の前で渡す
子供に物をあげるので、保護者が知っていたほうがいいですよね。
ましてやあげるものがお金ですし。
親としても誰からお年玉をもらったのかがわかったほうが後で確認する必要が
ないのでいいでしょうから。
子供がお金の管理を任せられるようになれば直接やりとりしてもいいかもしれない
ですけど、それでも親としては誰からどれくらい貰ったのかは知っておきたいもの
だと思います。

喪中の家の子にあげるとき
喪中の子にあげるときは質素なお年玉袋を用意して、ただのお小遣いとして
あげればOKです。もちろん渡すときにも祝いの言葉などは使わないように
してください。
子供に喪中というのがどういうことか教えることもできますね。

上司の子供に渡さない
上司の子供に渡す際はお年賀として渡します。
お年玉として渡すと失礼にあたります。
新年早々上司を怒らせたくないですね。

お年玉袋に封をする
最近はお年玉袋に封をする用のシールが付いているのでそれで封をするのが自然
だと思います。

調べている中で、お年玉を全額子供に渡したい人がその子の親が開けたらわかる
ように糊で封をする。という意見がありましたが小さい子ならどっちにしろ親が
お金の管理をすると思うので、ちょっとそれは意味があるのか疑問です。
内容物が硬貨で、脱落防止のためにということならいいのですけど、
子供に物をあげるときくらい変な気をまわさずに気持ちよく渡したいですね。

お年玉袋についてまとめ


親戚・親族の子が少ないと多めに包みたくなる気持ちもわかりますが、
小さいときからたくさんの金額を持ってしまうのもどうかな?と思います。

渡したい子がまだ小さいときはその親とお年玉の金額について相談たほうが
いいかもしれないですね。



スポンサードリンク