雛人形は受け継ぐもの?それとも新品を買うもの?選び方や処分法など


雛人形は形代だから一人一人にひとつずつ必要と思っていたのですが、
代々受け継いで飾っているという話を見かけました。
どんな違いがあるのでしょうか?調べてみました。



スポンサードリンク
  

雛人形を受け継ぐかは否かは決まっていない?


雛人形は受け継ぐものか否かについて改めて調べてみたところ、受け継ぐという
意見と受け継がずに新しいものを買うという意見とはどちらが多いとは言えない
ほど拮抗
していました。

お人形屋さんの言うようでは、雛人形はの起源は古代より形代として伝えられて
きたものであるから一人にひとつ必要だとする説を推しているようです。

それならば、雛人形はどこかの段階で然るべき形で処分しなければいけないと
思いますが、いつ処分するのが良い等はわかりませんでした。

一般庶民の間でも端午の節句、雛祭りというのが流行りだしたのは江戸時代頃
からだそうです。
この頃は女の子のためにきれいなお人形を飾ってその子の無事をお祝いする
という程度のことだけが広まったようです。

形代としての役割よりも、見た目の絢爛豪華さを競って三人官女が追加され、
五人囃子、隋臣、仕丁、果ては三歌人など、より豪華ならなんでもありという時代
だったようです。家によっては、そういう豪華な一揃えを江戸時代から代々受け
継いでいるというところもあるそうです。

こうなると、形代としての役割ははじめから考えられていなかったのでしょう
から、古くから伝わっているものならばそれだけでありがたい感じもしますし、
先祖が代々物を大切にを体現してきた何よりの証しなので、子供に物を大切に
するということを教えるのには最適ではないでしょうか。

厄払いは神社などで別にやってもらえばいいですしね。

雛人形の選び方


お下がりでなく新品を買ってあげるとしても、前述のことから雛人形に関しての
決まりごとはほとんど無いに等しいと考えて問題ないので、ご家庭の事情に合って
いて気に入ったものが見つかれば内裏雛でも市松人形でも良いと思います。



スポンサードリンク

大切なのは、我が子の為を思ってのことであるという点ですから。

私は男なので端午の節句は関係ないですが、母が毎年雛人形を飾っていました。
やや横長のガラスケースにすべて収まるかわいらしい3段飾りでした。
人形の繊細な装飾、やさしそうな表情の緻密な造形は男ながらに見ていていいなと
思ったものです。

それに加えて、私が保育園のときに卵の殻を利用して作った内裏雛は今でも残して
いると言っていました。
そう話すときの母の表情は雛人形の表情に劣らずいい笑顔をしています。

そういうところから、自分は大切にされてきたのだなと感じ、自分も物を大切に
しよう、人を大切にしようということが伝わるのだと思います。

雛人形の処分について


形代としての役割が形骸化しているとはいえ、大切にしてきた人形をむげに捨てる
ことなどできません。
ちゃんと供養してお別れをしたいものです。

日本各地に、人形の供養・処分を行ってくれる神社・お寺があります。
どうしても処分しなければならなくなってしまったら、そのような神社・お寺に
持って行きましょう。

人形の供養・処分を行ってくれる神社・お寺


そういえば、残しているとは言っていましたがウチの雛人形は仕舞いっぱなしに
なっているのかな?
そうしたらいつか処分しなければいけないけれど、その前に一度くらい母から
ありがとうを言う機会を持たせてあげないと人形がかわいそうかな?

雛人形についてまとめ


雛人形の歴史は古いですが、現在ではそれに与えられた役割はうやむやな感じに
なっているというのは意外でした。

残ったのは形代などの呪術的なものではなく、我が子を大切にする想いや
物を大切にする想いだったようです。

そのことを雛祭りのときには再確認することができるのですね。



スポンサードリンク