結婚式の祝儀の相場は?祝儀袋に関するマナーや渡すタイミングなど


結婚式の祝儀でいくら包もうかちょっと迷ったので
調べてみました。



スポンサードリンク
  

結婚式の祝儀の相場は?


お祝儀の金額の相場は、30歳代までと40歳代からとで違ってくるようで、

30歳代までは、
友人・知人、会社の同僚などへは
30,000円
親族へは
50,000円

40歳代からは
友人・知人、会社の同僚などへは
30,000円
親族へは
50,000円から100,000円

と、金額が大きくなるのが一般的なようです。

小額で金額が2万円と偶数であっても
1万円と5千円札2枚で奇数枚入れておくなどもよく聞きますよね。

それと、新札を入れるべきと聞いたことがありますが、
用意が間に合わないときは、アイロンでしわがのびるのだとか
これは知らなかったですけど、できるならピン札を用意したいですね。

また、金額に応じた祝儀袋のランクがあるのだとか、
気をつけないといけませんね。

祝儀袋に関するマナー


基本的な祝儀袋に関するマナーは以下です。
・水引は結び切り
 一度結んだらほどけない
・ボールペンで書かない
 毛筆・筆ペンかサインペン
・水引に書く名前はフルネーム
・連名で書く場合は、右から目上の人、50音順で
・中袋に金額や住所を書く
・金額は旧字体
・お札の入れる向きは、肖像が印刷されている面を上にして右を上にする
・上包みの裏側は、上向きに折り返されている方を表に重ねて水引を通す
・表書きの書かれた短冊と無地の短冊を重ねてはさむ
・表の包み紙(たとう紙)も二重に重ねるのが正式
・祝儀は明るい色の袱紗に包む
・袱紗に包む際は、袱紗をひし形に置いて、中心に祝儀を置き
順に上、左、下、右と折って包む



スポンサードリンク

かなりたくさんありますね。

ちなみに、祝儀袋は再利用をしてもいいものなのだとか、
祝儀袋としての再利用に限らず、ポチ袋として使ったり、箸袋にする人も
いるようです。
果ては、和紙は油を良く吸うので揚げ物の油きりとして使ったり、着物の半襟の芯
として使うなんて意見も見られました。

私はてっきり祝儀袋は使い切るものだと思っていてもったいないなと
以前から思っていたのですが、デザインが綺麗なものもあるし、
そういうものは使っても良かったのですね。

結婚式で祝儀を渡すタイミング


本来は大安や先勝などの吉日の午前中に渡す相手の自宅まで伺って直接手渡す
ものなのだそうです。
現在では祝儀なら結婚式・披露宴の当日に持っていくのが一般的ですが

当日欠席する場合は最低でも1週間前までに送ればいいそうです。
また、招待されていない場合に贈りたいときは、式の後に着くようにした方が
いいのだとか、新婚旅行から帰ってくる頃に着くと理想的みたいです。

結婚式の祝儀についてのまとめ


祝儀を送る際に気をつけないといけないことがこんなにあるとは思いませんでした。
こちらの気持ちを贈ることが最優先だと思いますけど、これらのマナーを気にし
すぎると何のために決まりごとに従っているのかわからなくなりそう。
私はご祝儀を贈る機会はそんなに多くなさそうなので、あらかじめちょっと慣れて
おかないといけないですね。



スポンサードリンク