七草粥を食べる日は?地域によって具材も違う?夜食べたらダメなの?


七草粥を食べるという習慣についてちょっと疑問に思ったので調べてみました。



スポンサードリンク
  

七草粥を食べる日


七草粥を食べる日といえば松の内が過ぎた1月7日というところが多いと思います。
一年の無病息災を願って食べるとか、正月中の祝いの膳で弱った胃を労わるために
食べるなどとされています。

そもそもなんで七草を食べるのかというと御伽草子の七草草子という中国の故事に
由来している
そうで、使う材料から調理法まで書いてあり、その調理法は
天上の帝釈天さまから授かった秘術で、食べると一口で10歳若返るのだとか。

七草粥を食べるのは7日の朝ですが、準備は前の晩からというのもこの故事に
倣っているようです。
故事では一刻おきにそれぞれの具材の準備をするように指定があります。

ちなみに、前の晩の準備をする際に諳んじる七草ばやしという歌があるのですが、
地域で違いがあるようです。
私は、親が七草粥の準備をしているときに何か歌っているという場面には遭遇した
ことがなかったので、そういう歌があることは知らなかったです。

歌の歌詞に共通しているのは、外から来る悪いもの、または穀物に害を及ぼすもの
の象徴として唐から来る渡り鳥「唐土の鳥」が出てくる
点です。
この歌は五穀豊穣を願うほか、外から来るものの中には疫病も含まれているので、
無病息災を願う意味合いもかかっています。

また、地域によって食べる日が違うところもあります。
旧歴の1月7日に食べるところや1月15日に食べるところ、2月7日に食べるところも
あるそうです。
ただし、まとまった地域で違うのではなく、全国に散在するごく一部の地域のみが違います。

七草粥の七草の具材


故事には以下の7種が出てきます。
芹、薺、御形、田平子、仏座、菘、清白

現代では
セリ、ナズナ(ぺんぺん草)、ハハコグサ、コハコベ、コオニタビラコ、
カブ、大根



スポンサードリンク

が一般的な春の七草とされています。
いわゆるほとけのざは、実在するシソ科のホトケノザとは違います

また、七草の種類も地域によってかなり違いがあって、東北地方の一部では
ニンジンやごぼうが入っていたり、豆腐や油揚げなどの大豆から作ったもの
などを入れたり、鹿児島・沖縄地方では肉を入れるなど、本当に地域によって
さまざまに違います。

調理法も違いがあって、粥は別に作って七草の汁を添えたり(粥も汁にも
種類がある)、粥でなくて混ぜご飯だというところもあれば、そもそも食べる
習慣がないところもあるようです。

七草粥を夜食べたらダメ?


故事に則った具材を使って、調理法も故事に則って行っているなら1月7日の朝に
食べたほうが、故事で言うところの若返りの効果が、もしかしたらあるのかも
しれない(?)ですけれど、ここまで調べてきたように地域によってこれだけ
さまざまに違いがあると、もはや必ずしも夜に食べないといけないということ
はないと思います

宗教的または呪術的な意味合いはないので、お住まいの地域の習慣に合う、または
ご自身の生活習慣に合った時間に食べれば良いと思います。
大切なのは、家族の無病息災を願う気持ちの部分ですので。

七草粥を食べることについてのまとめ


七草粥を食べる理由については、正月の料理で疲れた胃を休めるため、
くらいにしか考えていませんでしたが、まさか中国の故事にそのような話が
あったとは思いませんでした。
それだけ古くから行われてきた習慣だったのですね。

それだけ古い習慣ならば地域によってさまざまに違っていても納得です。
春に草が取れないところもあるでしょうし、1月15日までに粥を炊くことが
禁忌とされている地域もある
そうですからね。

私はよくある七草を使ったシンプルな七草粥しか食べたことがないので、
他の地域の七草粥も食べてみたくなりました。
次に作るときは他の地域の七草粥を参考にしてみようかな?



スポンサードリンク