門松ってなんで松?なんで竹を使うようになったの?紙門松って?


門松って竹のイメージなんですけど、なんで門松って言うんでしょう?
調べてみました。



スポンサードリンク
  

門松ってなんで松?


大昔のまだ門松を飾ることが一般的でもなんでもない平安時代の頃、
貴族が正月に我が子の長寿祈願のために野山に入って松を引き抜いてくる
小松引きという行事があったそうです。

当時から松は縁起がよいものとされていて、このとき持って帰ってきた松を
子の日の松と言って愛好していたのだとか。
そして、時代が流れるとこれを玄関先に飾るようになって、装飾も付けられる
ようになり、門松に変遷していったようです。

江戸時代になると小松どころか、松の木をほとんどそのまま飾るようなところ
もあったそうで、大きなものでは2階の屋根に届くほどだったとか。

また、松の枝を逆さに飾る逆さ門松というものも地域によってはあるそうで、
これは町を巡回する恵比寿様か松の葉で目を突かないように配慮されて
そのような形になったとか。

ちなみに、現代でも関西の旧家などには根引きの松という飾りを正月に玄関の
両側に飾る習慣が残っているところがあるそうです。

なるほど、もともとは松を飾っていたのですね。

門松になんで竹を使うようになったの?


それじゃなんで竹を飾るようになったかというと、より縁起を担ぐために装飾が
増えていって、同じく縁起がよいとされていた松竹梅をまとめて飾るように
なっていったそうです。実際には正月に梅は手に入りにくいので、松と竹が残り
各地域に伝わる際に松も略されて別の植物に変わっていったようです。

ただ、なんで松が無くなって竹が残ったのかは正確にはわかりませんでした。
見た目で真似ようとして、竹のほうが目についたのですかね?

ちなみに、竹も飾られはじめた頃は現代のように先が斜めに切られてはおらず
節のところで真っ直ぐに切られたものが飾られていたそうです。
寸胴の門松というもので、現代でもこちらを飾っているところもあります。



スポンサードリンク

斜めに切るようになったのは、徳川家康が唯一敗北したという三方ヶ原の戦い以降
武田を切るという念を込めてそのようにしたのが始まりで、このかたちの門松を
そぎの門松というそうです。

その後徳川が天下統一したので全国的にもそぎの形が広く知れるところと
なったのですね。
また、江戸時代に一本まるまるの松を飾っていたのは商家で、
武家ではなかったそうです。

紙門松ってなに?


門松のイラストを印刷した紙門松というものもあるそうです。
地域によってはこちらを飾るほうが通常だそうです。

時期になると回覧板に挟まっていて、自由に取っていいというところもあれば
役場に置いてあって持っていっていいというところもあったり、ホームセンター
などで売っているところもあるのだとか。

印刷したものを飾るだけでいいとはとても合理的ですね。
お炊き上げに持っていくのも楽ですよね。

紙門松は、もともとは森林保護活動、緑化運動の一環としてはじまったものが
昭和33年に総理府が年末年始の新生活運動の中で紙門松の共同購入による代金
で助け合い運動をという提唱をしたことから各地に広まったそう
なんですが、これが現代に残っている地域はかなり限定的なようですよね

どうやら地域によっては昔ながらの門松を優先して浸透しなかったとか、
税金を使って作っているところは経費削減で配布を止めてしまったところも
あるとかで、この紙門松が残っていないところがあるようです。

門松についてのまとめ


私の家はマンション住まいの核家族で、紙門松でさえ飾ったことが
ありませんでした。

折角の昔からの風習ですから、いずれ私もちゃんとした門松を飾ってみたいと
思っているのですが、ひとつ数万円するらしいのでそれを年末年始の数日だけ
飾ってお炊き上げに出してしまうというのは、けっこう思い切りが要りますね。



スポンサードリンク