関東の紅葉がある温泉 各地の見頃の時期とおすすめを紹介


普段仕事に追われてなかなか旅行に行けないけど
秋も深まってきたし紅葉を見に行きたい。

関東近辺で日帰りか一泊くらいで行けて
ハズレじゃないところが知りたい!という方に

筆者のおすすめをご紹介します。



スポンサードリンク

関東の紅葉がある温泉


筆者のおすすめは最後に書きますが、
古くから現在まで温泉地として栄えている場所はまず間違いがありません。

沼田、伊香保、長瀞、日光、山中湖、軽井沢、修善寺

など、いずれも有名な温泉地です。
以下にそれぞれの概要を記載します。

沼田
沼田市で紅葉と言えば吹割の滝です。東洋のナイアガラとも称される特殊な滝は国の天然記念物にも指定されています。自然の造る風景の不思議に驚かされます。

伊香保
寒暖の差が激しいことからひときわ鮮やかに紅葉が色づきます。伊香保温泉源泉湯元にある太鼓橋の朱と、源泉から流れる小川のオレンジ色、そして紅葉の色が相まって、色の豊かさに気おされるほどです。

長瀞
荒川流域を彩る紅葉を見るなら長瀞ラインくだり。月の石もみじ公園ではライトアップも行われます。宝登山ロープウェイも絶景。

日光
日光の紅葉は日本人ならば一度は見ておきたい景色です。中禅寺湖、明智平などにつながるいろは坂の景色は筆舌に尽くしがたいものがあります。

山中湖
旭日丘湖畔緑地公園で開催される夕焼けの渚・紅葉祭りでは園内がライトアップされ湖面に映る景色が幻想的です。水面の揺らぎを眺めていると時間を忘れます。

軽井沢
スワンレイクの愛称を持つ雲場池は長野県での指折りの人気スポットです。また、軽井沢紅葉まつり期間中は軽井沢町の各地でイベントが行われています。

修善寺
伊豆推随一のもみじの群生地である修善寺もみじ林の紅葉に合わせて、修善寺もみじ祭りが開催されています。修善寺虹の郷は開催期間中は特別に夜間開園しており、園内のもみじがライトアップされています。修善寺もみじ祭りは例年11月中旬から11月下旬までとなっています。

関東の紅葉の時期は?


それぞれの見頃の時期は以下のようになっています。



スポンサードリンク

沼田:10月下旬~11月上旬

伊香保:10月下旬~11月上旬

長瀞:11月中旬~12月上旬

日光:10月中旬~11月上旬

山中湖:10月下旬~11月中旬

軽井沢:10月中旬~11月中旬

修善寺:11月下旬~12月上旬

もちろんその年の気候によって多少前後するとは思いますが、関東で紅葉を見るならば概ね10月中旬から11月中ごろを目安に計画を立てられると良いと思います。

関東で紅葉を見るならおすすめは?


最後に筆者のおすすめですが、

日光の湯滝から竜頭の滝にかけての景色が個人的にはとても好きです。
三大名瀑を選ばない辺り筆者の性根がわかりますね(汗)

そして一番おすすめしたいのが赤城山です。

赤城山はハイキングコースが多数整備されていて豊かな自然に埋もれるような心境になるのですが、筆者はハイキングはしません(汗)おすすめしたいのは山屋蒼月さんというお宿なのです。

山屋蒼月さんのホームページ

観光地からは少し離れた山の中にひっそりと建っています、自然に紛れているので最初に行くと入り口がちょっとわかりづらいかもしれないですが、そのおかげでゆったりと逗留できます。

出てくる食事も丁寧な仕事がされているのがわかり、あぁ、日本人でよかったと心底思えるお味ですし、大浴場もあるのですが、部屋にも大きな露天風呂がついているので、このお宿にいるだけで他にはどこにも行っていないにも関わらずとても満足できます。

大切な人との時間をともに過ごすなら、どこに行くよりもこのお宿をおすすめします。

まとめ


ここまで関東近辺で紅葉が見れる温泉地のごく一部をご紹介してきましたが、実際に行ってみると年が違えば同じ場所でも紅葉の様子が少し違っていたりしますし、場所が違えば尚更です。いろんなところに行って、ご自身の好みの紅葉風景を探されるのもとても良いと思います。

ちなみに、筆者はたまにこういう自然に触れて圧倒される、食べ物に感謝するという体験をすると不思議とシンプルで素直な自分になります。心が洗われるというやつですかね。



スポンサードリンク