イルミネーションの撮影をスマホでするには?アプリや三脚が必要?


スマホでイルミネーションを撮影しても思ったような
きれいな映像にならなくて、こんなもんかな?と
あきらめてしまっていませんか?

今日はイルミネーションをスマホできれいに撮影する方法
についてご紹介します。



スポンサードリンク

イルミネーションの撮影をスマホでするには?


昔ながらのカメラで夜景等を撮影する場合は、
露光とか、iso感度とかなにやら難しい設定を調整できないと
撮影できませんでしたが、最近のスマホはとても高機能
なので、実はある程度なら撮影できちゃいます。

しかしそうやってスマホが決めた設定で撮れた画像は
無味乾燥というか、ただ映ってるだけなカンジで
その時の感動などは映せません。

今でも昔ながらのカメラで撮影することにこだわりがある
人たちは、そういう撮影するときに感じたものを画像に残すために
取れ方が自分で変えられるカメラを愛用しているのです。

例えば、イルミネーションの明かりを温かみのある感じに残そうとしたら
少しボヤけさせて、現像の段階では少し暖色寄りにする
等の加工をしています。

そういう調整みたいなのがスマホでもできたら面白いと思いませんか?

イルミネーションの撮影ができるアプリは?


前述したように、ただ単にイルミネーションと人物を撮るだけなら
最近のスマホでもできますが、撮れた画像はかなり味気ないです。

そこで、昔ながらのカメラで撮るような味のある調整が
簡単にできる夜撮カメラというアプリがあります。

昔ながらのカメラだと出来上がりを予想した調整をして撮影をする
という高度な技術がないと撮影できませんが、
このアプリなら、スマホの画面上で撮った画像の調整ができます。

使い方は簡単で、アプリを起動した画面で夜景を撮影し、
撮れた画像を見ながら「明るさ」「コントラスト」「彩度」「バランス」
の調整や「ハイライト」「シャドウ」の付加などができます。
思うような画像に加工できたらあとは保存するだけです。

それでは物足りない!より専門的な調整がしたいと言う方は
Pro Cameraを使ってみてください。
このアプリは撮影時には「シャッタースピード」「感度の変更」など
一眼レフの持つ機能に匹敵するほどの調整が可能になっています。

また、色相・明度・彩度や露出の調整などの細かな写真加工も可能で、
入手困難と言われるレトロカメラ「Polaroid600」などのフィルタを
収録しているなど、プロもびっくりの機能がついています。



スポンサードリンク

これさえあれば大きくかさばるカメラを持ち歩く必要がないほどです。

イルミネーションの撮影に三脚は必要?


昔ながらのカメラでは、三脚に固定して撮影しないと画像に
ブレが出てしまいますが、スマホやデジカメはデジタル補正といって
勝手にブレがない画像に加工してくれるので、ある程度なら撮影できます。

ただし、イルミネーションを撮影するようなシチュエーションだと
スマホやデジカメでもかなり性能が良いものでないと、
やはりブレは出てしまいます。

先ほど紹介した「夜撮カメラ」「Pro Camera」は、元々スマホに付いている
デジタル補正に加えてさらに補正をかけるので、かなり強力に
ブレを抑えた画像にしてくれますが、完全ではありません。

最近はスマホ用の小さい三脚がコンビニでも売っているようになったので
夜景などブレの出やすい撮影をするときは小さい三脚を一つ持っておくと
良いですね。

スマホ用におすすめの三脚は、「ゴリラポッド」と検索すると
画像が出てきますが、足がくねくね曲げられるものが使いやすいです。
置く場所がなくても、手すりや街灯に巻きつけて固定できます。

まとめ


一昔前は専用の撮影機材がなければ撮れなかったようなものでも
最近はスマホで撮れるのだからすごいですね。
この記事を書いている間にも、もっと便利なアプリが出ているかも
しれません。



スポンサードリンク