暖房器具の特徴 ちょっと使いたいおすすめの使い方と新種のもの


机に向かっているとき、台所仕事をしている時にちょっと
暖が欲しいことありますよね。
そういうちょっとしたときに便利な暖房器具についてまとめてみました。



スポンサードリンク

暖房器具の特徴


ちょっとした暖房、と言うと赤外線ヒーター、発熱体ヒーター、
パネルヒーターなど種類がありますが、どれも
正しい使い方をしないと、暖まらないな・・・。
と不満に思うこともしばしば。

まずはそれぞれの特徴について見てみます。

赤外線ヒーター(ハロゲン、カーボン)
光が当たっている部分のみ温める。電気代が高い。

発熱体ヒーター(ニクロム線、セラミック)
周囲の空気を暖める。範囲が狭い。電気代が高い。

パネルヒーター(電気式、オイル)
周囲の空気を暖める。空気がクリーンで安全とされているが、
部屋全体を暖めるには役不足感がある。

といった感じです。次にそれぞれのおすすめの使い方をご紹介します。

暖房器具のおすすめの使い方


赤外線ヒーター
前面に照射する赤外線が当たる範囲のみ暖めるので、
それ以外の空間が冷たいと暖まった感じがしないので、
足元を暖めるために机の下に置くなどして暖めたい場所が
狙い撃ちにできるような状況で使うと
暖かさを感じることができます。

発熱体ヒーター
発熱体の周囲が暖まるので、お手洗いに持って入るなど
狭い空間で使うとあったかいです。
また、発熱体が十分に温まるまでに時間がかかるので
すぐには暖かくはなりません。

パネルヒーター
単体では温まりにくく、比較的大きいため狭いところでも使えませんが、
エアコンなど他の機器で部屋を暖めた後に窓際に置くなどして
寒気が入ってくるのを防ぐようにすると、遠赤外線の輻射熱により
暖かさを長持ちさせることができます



スポンサードリンク

しかも、部屋の湿度を保ったままにできて体に優しいので、
お年寄りや子供がいる部屋に最適です

暖房器具の新種のもの


最後にあまり聞きなれないものをひとつ。

皆さん、カセットガスボンベは使ったことありますか?
卓上コンロで使うアレです。
何とそのカセットガスボンベのみで使える暖房器具があるのです。

IWATANIさんというカセットガスボンベの老舗が出している
カセットガスファンヒーターというものなのですが、
これがかなり優秀で、これだけでも6畳くらいの部屋なら
かなり暖かくすることができてしまいます。

カセットガス暖房機シリーズ

もともとアウトドア用品としてガスボンベの暖房は
存在していたようなのですが、
これまでのものはバーナーのように強力な炎を発していたので
室内で使うには危険でした。
カセットガスファンヒーターはその点を改良したもののようです。

ただし、燃料がカセットガスボンベなので、使用できる時間が1時間40分ほど
となっています。
これだけで一日中暖かいというわけにはいかないですね。

エアコンが無いお宅でパネルヒーターと併用するといいかも知れないですね。

なによりカセットガスボンベさえあればいいので、
非常時にも重宝しそうですし、今後改良が進んで効率が上がれば、
なんて想像すると、思わず期待しちゃいます!

というのも、私は台所に長いこといたりするのですが、
そうするとちょっと足元だけあったかくしたいな~と思うときがありまして。

コンセントを必要とせず、給油も必要ないこれなら理想的ですし、
それにカセットガスボンベは普段台所に置いてありますから
交換も簡単ですからね!

せめて3時間使えるようにならないかな~。

暖房器具の特徴まとめ


ここまで、エアコンや石油ヒーターを置くほどではないけれど暖房が欲しい
というときに重宝しそうなものをご紹介してきました。

暖房器具は部屋に置くものなので、あたためる性能もそうですが
デザインも大事ですからね。
ここでご紹介したそれぞれの機能と最適な用途を参考に探していただいて、
あなたのお気に入りの一品に出会える一助になりましたら幸いです。



スポンサードリンク