新年の挨拶メールを上司に送る 失礼のない内容は?いつまでに送るか?


新年の挨拶をメールで上司に送って済ますのはよいでしょうか?
送るとしてどんな内容がいいでしょう?
また、取引先に送る際はどんなことに気をつけるべきでしょうか?



スポンサードリンク
  

新年の挨拶をメールで上司に送るのはアリ?


一昔前は、新年の挨拶をメールで済ませるのはマナーがなっていないこととされていましたが、近年では虚礼廃止といって、心のこもっていない儀礼をやめることを正式に会社から指導されることもあります。

そうなるとむしろ、新年の挨拶をメールで上司にするための正しい作法を知っておかなければいけません。

ちなみに、虚礼廃止は年賀状、お中元・お歳暮などの慣習で行われてきたやりとりをやめることです。
その目的は、直接的には仕事に関係してこないそういった慣習が身に付いているかが個人の評価に繋がったり、私情から優遇しようとするなどのことを排除することにあります。

金品のやりとりによって公平性が失われることを避けるという意味では公選法などと役割が似ているでしょうか。

新年の挨拶メールの失礼の無い内容は?

新年の挨拶

まずは先方の名と新年の挨拶を書きます。
年賀状とは違うので「謹賀新年」よりも「謹んで新年のお喜びを申し上げます」のような会話調の表現が良いです。

自分がどの部署の誰か

次に自分が誰かを改めて書いておきましょう。
大きい会社になると、誰からのメールなのか分からなくなってしまうかもしれないですからね、相手に余計な手間をかけないように配慮するのは重要なポイントです。
こういう気が利いている配慮というのは仕事でも役に立つ考え方です。

日頃の感謝

その次は日頃の感謝を書きます。
これは旧年中にお世話になった内容を具体的に記します。虚礼でないことを分かってもらうためのものでもあり、またこれも自分が誰なのか上司に再認識してもらうためのものでもあります。



スポンサードリンク

今年の抱負

ただの新年の挨拶なら実際に会った際にすれば十分ですが、わざわざメールするのなら仕事への心構えを簡単に書いておきましょう。
あまりくどくどと書いても無粋ですのであくまで簡単に。

新年の挨拶メールはいつまでに送るべき?


会社の上司に送る際は、出社したら直接会って挨拶をすればよいので初出社よりも前に送るのが良いです。
それを過ぎてしまうと、会って言えるのにメールで済ますのは不自然ですよね?
相手に誤解や疑念を生むような行動はとらないようにしましょう。些細なことのようですが、これも気が利いた行動をとるための日頃の心がけにつながる部分です。

また、直接挨拶に行けない取引先などに新年の挨拶をメールでする場合は松の内、または初出勤日のある週の間にするのが良いです。
万が一それ以降に新年最初のメールをしなければならない場合は、「今年もよろしくお願い致します」にとどめておくのが無難です。寒中見舞いにする必要はありません。

その他に新年の挨拶をメールでする際に気をつけることは?

虚礼廃止によって、会社の上司に対しての新年の挨拶もメールで済ませるほうが自然な対応になりつつありますが、先方から年賀状を頂いたときはちゃんとお返事も年賀はがきでするようにしてください。

取引先への新年の挨拶のメールはいくら似た内容とはいえ一斉送信で済ますのは避けましょう。
ただでさえ本来なら先方を訪ねて行くべきところをメールで済ましているので、いくらなんでも失礼です。

お客様に送る際は営業開始の日時と時間が記載されていると親切です。
そして、こちらも一斉送信にするのではなくお客様それぞれの話題が一言でも入っているほうが印象が全く違ってきます。

新年の挨拶をメールですることについてのまとめ


新年の挨拶のメールは手短にして冗長にならないようにしましょう。
何か用事がある場合はそのときに別途メールをするようにして、新年の挨拶はそれだけで完結しているほうが望ましいです。



スポンサードリンク