年賀状をもらいたいから喪中はがきを出さないはアリ?解決法は?


普段、年賀状のやりとりくらいでしか親交がない相手がいて、こちらの身内に不幸があった場合に喪中はがきを出さないといけないですが、そうすると年賀状すら届かなくなってしまうかもしれません。どうすれば良いでしょうか?



スポンサードリンク

年賀状をもらいたいので喪中はがきを出さない?


年賀状くらいでしかやりとりがない人がいるけれど、喪中はがきを出したことでそういう相手からの年賀状が届かなくなってしまうかもというとき、いっそのこと喪中はがきを出さなければ良いのでは?と考えるかもしれませんが、これは相手に対して大変失礼です。

この場合、後から別途こちらの身内に不幸があった旨を報せることになります。
そうすると「なんでその時に報せてくれなかったのかな?」と疑念を持たれてしまうと思います。
また、もしかしたら回りまわってこちらの身内に不幸があったと言う話が間接的に耳に入るかもしれません。

そこで、たとえ本当のことであっても後から事情を説明したのでは言い訳ととられても仕方がありません。
そのせいで年賀状でのやりとりすらなくなってしまうかもしれません。
喪中はがきは、思いつく限りの全員に出しましょう。

喪中はがきを出したら年賀状は来なくなる?


喪中はがきは、出す側が喪中のために欠礼させていただく旨を先方に通達するためのものであって、先方からの礼状等を遠慮していただくためのものではありません。
ですので、喪中はがきを出していたとしても年賀状などが先方から届くことには実は何も問題がありません。

もちろん、こちらの状況は先方に伝えているので「あけましておめでとう!」などの祝いの言葉は避けていただけるとは思います。
万一、祝いの言葉が使われていたらこちらが喪中であると言うことを失念されている可能性がありますが、その際は寒中見舞いを出してそのなかでそれとなくこちらの状況を改めてお報せするのが良いと思います。



スポンサードリンク

間違えて祝いの言葉が入った年賀状を出したことに先方が気づいて、何かしら連絡をいただけた場合は、普段出すことが無いのならわざわざ寒中見舞いを出す必要はありません。

ただし、実際には喪中はがきを出した相手からは年賀状は自粛されることがあります。
では、喪中はがきを出した相手から年賀状をいただきたい場合はどうすればよいでしょう?

喪中でも年賀状をもらうための解決法?


喪中はがきを出した相手であっても年賀状を送っていただきたいという場合には、その相手に送る喪中はがきに「いつもあなたからの年賀状を楽しみにしています。」等の一文を添えるのが良いと思います。

喪中はがきを出した相手から年賀状が届かないというのは、たとえ祝いの言葉が書いていないとしても新年を祝うことを想起させるようなことがあるまいとする先方の配慮に寄ります。
ですので、「むしろあなたからの年賀状が励みになります。どうぞご遠慮なくお送りください。」という旨をお伝えすれば、そういうことならばと思って年賀状を送っていただけるはずです。

ただし、そこまでして年賀状をいただいたとしてもこちらは喪中なので少し間が空いてしまいますがその相手への返事は寒中見舞いでさせていただきます。
文面は一応まだ喪中ですのであまり嬉々としているとちょっと疑問に思われてしまうかもしれませんので挨拶と御礼にとどめるのが良いでしょう。

年賀状をもらうために喪中はがきは出すかどうかについてまとめ


はがきは手紙とは違って短い文章でのやりとりになりますが、その短い文章のなかに様々な意味を込められる大変奥ゆかしいものであります。
折角の親交のあるお相手ですので、時節の挨拶の他にちょっと特別な一文を添えて短い文章でのやりとりをこれからも大切にしていただきたいと思います。



スポンサードリンク