門松の正しい飾り方は?松に雄雌がある?次の年も使って良いか?


門松って地域によってかたちがちょっと違うみたいですけど
どうやって飾ればいいのでしょうか?



スポンサードリンク
  

門松は飾り方で意味が変わる?

門松って地域や飾るお宅によって形が違いますよね。
松竹梅を使っているもの、松竹だけのもの、あるいは松だけのものもあります。


全国的に良く見るのは松と竹を使っていて、竹3本それぞれ長さが違う組み合わせの門松だと思います。
竹の切り方の違いで、寸胴、そぎと違いますが飾るときのルールは一緒です。


基本的には、一対で飾ったときに二番目の長さの竹が外側になるように飾ります。
外飾りまたは外こぼれと言う置き方です。
家の中の悪いものや災いを外に追い払うという意味があります。


また、出飾りとも言って一人立ちして欲しい息子や早く嫁いでほしい娘がいる家患者さんに無事退院してもらいたい病院もこの飾り方をします。


これとは逆に、二番目の長さの竹が内側になるようにすると内飾りまたは内こぼれ迎え飾りという置き方になります。
お嫁さんが来る予定がある家、または商家では千客万来の意味を込めてこの飾り方をします。

門松に雄雌がある?

先に書いたように松と竹を組み合わせて作ってある門松に使われている松はほとんどが黒松という種類なのですが、


門松として、松だけを飾るところでは玄関の左右に雄松、雌松を飾ります。


雄松は一般的には黒松のことを指し、葉が太めで硬いもの
雌松は赤松のことを指し、葉が細くやわらかめであるものとされています。


玄関を正面に見て左側に雄松右側に雌松を飾ります


ただし、これは日本古来の左上右下の考え方からするとちょっと不思議でして、



スポンサードリンク


もともと左上右下という考え方は、他のいろんな風習と同様に大昔に現在の中国から渡ってきた考え方です。
当時の皇帝は北に座して南を向いている状態が普通で、その皇帝から見て左から日が昇るのだから左が上位だ!という理由かららしいのですが、この考え方からも分かるとおり皇帝が自分から見て左が上位なので、外から見て左ではないのです。


つまり、玄関の外から見ると右が上位のはずなので男性の方が上位と考えられていた昔の考え方に則るなら雄松は右、雌松は左ではないかと思います。


ちなみに、本来内裏雛も正面から見て右に男性、左に女性を飾るのが正しい飾り方でした。
近年は向かって左に男性、右に女性を飾るのが多いと思いますが、この入れ替わりについては由来がはっきりしていません。


これは仮説になりますが、雄松雌松の左右も本来は現在とは逆になっていて、内裏雛の入れ替わりのようにどこかで変わってしまったのではないかと思います。

門松は次の年も使って良いか?

門松を含めた正月飾りは松の内が終わったらお焚き上げに出すのが正しいので次の年に使うことはできません


正月飾りは、家の中の穢れを払ったり、新しい年の年神さまに来ていただくための目印であったりという役割を持っていますが毎年新しいものでないとその用を成しません。


松の内まで飾ったら外してお焚き上げに出し年神さまへの感謝御礼の意を示しましょう
神様も感謝をする人間へはご利益を与えてやろうと考えるとか


また、神社に年に一回しか来ない人間よりもときどき来て神様に感謝をする人間の方がチカラになってくれるそうですよ。


ちなみに、お百度参りもそういう考えからきています。
元は百日間毎日行ったほうが聞き届けてもらいやすいよねというものだったのですが、
いつのまにかとにかく百回参れば良いというふうになりました。


神様からしたら昼夜関係なくずっと来られても迷惑なような気がしますけど・・・。

門松の飾り方についてまとめ

門松は年神様に来ていただくための依り代です。正しく飾り松の内が過ぎたらちゃんとお焚き上げに出して感謝の意を示しましょう。



スポンサードリンク