ウチに合った注連縄の種類?飾り方で意味が変わる?処分の仕方は?


注連縄にもいくつか種類がありますが、普段飾る習慣が無いとどれを飾るべきかわからないですよね。まとめてみました。



スポンサードリンク
  

注連縄の種類

大根注連(だいこんじめ)

大根注連は、太さが不均等で端の太いほうから徐々に細くなり反対の端が最も細くなっていて、ちょうど形が大根のようになっています
東日本に多い形のようです。


飾る向きによって入船、出船といって、入船は福や人、お金の流れを呼び込み出船は人とお金が出て行きやすくなるようにとの意味があります。


なので、多くの家では入船で飾ります。入船は玄関に向かって右に太いほうが来るようにします。
出世したい人がいる家などは出船で飾ります。


また、地域によっては下に書く鼓銅注連を大根注連と呼ぶところもあります

牛蒡注連(ごぼうじめ)

大根注連と形が似ていますが、こちらは端からほとんど同じ太さで最後だけ細くなっているものです。
西日本に多い形のようです。


牛蒡注連には入船、出船はありません。
なので、神棚に飾るとしたら牛蒡注連を飾るほうが清められた場所ですよと神さまに示すことができるので適当だと思いますが、商家などでは敢えて神棚に大根注連を入船で飾るというところもあるようです。

鼓銅注連(つつみどうじめ)

真ん中が一番太く両端が細いものを鼓銅注連といいます。
一般家庭ではあまり目にしない形です。
より強力な結界の象徴として神社の本堂などに飾られます。

前垂注連(まえだれ)

細い縄に紙垂(しで)を垂らしたものです。
結界として多く使われ家屋やご神体など様々なところに飾られます。

注連飾り

注連飾りは注連縄とは違い結界を張るものではありません。
正月に年神様に来ていただくための依り代として飾るものです。


なので、普段注連縄をずっと飾るつもりがなくて神様にあやかりたい場合は注連飾りを飾るのが良いです



スポンサードリンク

注連縄の飾り方

注連縄は正月飾りとは役割が違うのでずっと飾っておいても良いものです。
ただし、大根注連は入船出船による効果が続いてしまうと大変なので、大根注連だけはずっと飾っていてはいけません。他の正月飾りと同様に松の内に外してお焚き上げに出しましょう。


また、大根注連と牛蒡注連は地域によっては太いほうから邪が入って細いほうで捕らえられているという考えかたもあるようなので、そういう地域に住んでいる場合は牛蒡注連もお焚き上げに出しましょう。


鼓銅注連と前垂注連は純粋に結界の役割をするものなのでずっと飾っておいて問題ありません。
むしろ飾っておくほうが家内安全のために良いです。


できれば毎年その年に採れたもので作った新しいものに交換するのが一番良いですが、信心があれば良いともされているので、痛んでくるまで何年も飾る場合もあります。


前垂注連であれば作るのもさほど難しくないので、材料がかんたんに手に入るのであれば自分で作ってしまっても問題ありません。

注連縄の処分の仕方

注連縄は年神さまのちからを分けていただいて宿らせている依り代なので、ただ捨ててはいけません。
左義長の際にお焚き上げに出し、分けていただいたちからを還すようにします。


ずっと飾っているものも年末に交換し、年が明けたら左義長のお焚き上げに出しましょう。


ちなみに、正月の準備は江戸時代の頃から12月13日が正月事始めとして何事にも吉とされ正月の準備にとりかかるのに良いとされていますが、近年はクリスマスを過ぎるまでは正月の準備をしないところが多いですよね。


それ以降に準備をするなら29日は苦がつくとして縁起が悪く、31日は一夜飾りになってしまって年神さまに失礼なので、26日、27日、28日に準備をするというところが多いようですね。
本当はもっと早いほうが良いでしょうが、30日でもギリギリセーフです。

注連縄の種類についてまとめ

地域や宗派などによって、注連縄につける紙垂(しで)にも伊勢流、白川流、吉田流などあります。
外に見える形で飾るものなので、注連縄を選ぶ際はその地域ではどのように扱われているのかを重視していただくのが良いと思います。



スポンサードリンク