雛人形の保管場所は?ガラスケースは?男雛と女雛以外は処分できる?


我が子のために奮発して雛人形の7段飾りを購入!したいけれど
結局数回しか出さずに仕舞いっぱなしで痛んでしまったらと思うと
ちょっと二の足を踏んでしまいますよね、


雛人形の保管の仕方についてまとめました。



スポンサードリンク
  

雛人形の保管場所はどこが良いか

お人形さんは湿気に非常に弱く、しかも一度カビが生えてしまったら修理が大変です。
へたをするとそのまま処分せざるをえないかも・・・。
なので、外の物置や換気のできない地下室には保管しないほうが良いです。


屋内に仕舞う場合も、湿気取りは必ず入れないといけませんし、防虫剤も入れておかないと着物が傷んでしまいます。

押入れに仕舞う場合

押入れに仕舞う際は、段ボール箱に入れただけで保管すると湿気のコントロールが難しいので、ケースに湿気取りと防虫剤と共に入れて保管するのが簡単です。


ヒノキの収納ケースに入れるのが一番良いですが、ホームセンターなどで手に入る衣装ケースでも大丈夫です。
ただし、その場合は湿気取りと防虫剤を手前と奥など念入りにして、定期的にチェックしてください。

見えるところに置く

また、ときどきチェックするのでは忘れてしまうかもという方は、逆に見える場所に置いておくという方法もあります。
仕舞うものは細かなものですから細身の収納ケースを選んで壁際に置きます。
しっかりした天板を置けば、上に物を置く場所ができて以外に便利ですよ。


直射日光は絶対に避けなければいけませんが、それができるならむしろ開放された場所のほうが換気できますし、湿気も室内で除湿機を稼動させれば湿気取りを交換する手間も費用も省けます


梅雨時などは湿気取りがいくらあっても足りないくらいになることがよくあるので、除湿機を使う部屋に置いておくほうが長い目で見るとお得です。

人形の保管サービス

また、近年は人形の保管を請け負う業者も出てきました。
もちろん保管のコンディションはバッチリです。



スポンサードリンク


ひと月2,000円くらいから利用できるところもあります。
良いものなら7段飾りで100万円近くするものもありますから、
それをダメにしてしまうくらいなら専門の業者に任せるのも良いと思います。

雛人形がガラスケースに入っているものの保管の仕方

雛人形には3段飾りくらいでガラスケースに一揃えすべて入っているものがありますよね。
これはすでにケースに入っているので、新しくケースを用意する必要はありません。
その代わりに布団圧縮袋を用意します。


布団圧縮袋は、布団を入れた後に中の空気を抜くことで布団の厚みを薄くして保管できる優れものですが、雛人形のガラスケースを入れる際は中の空気は抜きません。
ガラスケースを入れて空気を抜いてしまうと、圧縮するチカラでガラスケースが割れてしまいます


布団圧縮袋は密閉できるので、一緒に湿気取りを入れるだけでかなり理想的な保管状態にできます。
あとは直射日光が避けられる場所ならばどこに置いてもOKです。


ただし、布団圧縮袋の密閉は完璧ではないので季節の変わり目くらいになったら湿気取りがいっぱいになっていないかなどチェックをするようにしてください。

雛人形の男雛と女雛以外を処分する?

始めは7段飾りとして購入しても、収納場所にも困りますし、いずれすべてを出し入れするのは辛くなりますよね。


そういう場合は、男雛と女雛だけのいわゆる親王飾りの部分を残して、他の人形や付属品は処分してしまっても問題ありません


ただし、捨てたり売るのではなく供養してあげてください。

人形の供養・処分を行ってくれる神社・お寺

雛人形の保管についてまとめ

折角の雛人形ですから、正しく保管して長く大切にしてあげてください。


人によっては付属品の牛車などの中に手紙を入れておいたりする方もいるようです。
それを子供または孫に渡したときにいっしょに見つけたりしたらと思うと、
なんだかわくわくしますね。



スポンサードリンク