実はみんなが悩んでいる子育て一番の問題!怒ってばかりで自己嫌悪のあなたへ

生まれたときには

天使みたいにスヤスヤ寝ていた赤ちゃん。

でも大きくなってくると、

ある日「怪獣」になるときがあります。

なにをするにも嫌だと拒否して、

怒ったり泣きわめいたりして

手が付けられないってこともありますよね。



スポンサードリンク

おもちゃを片付けなかったり、

物を粗末に投げてしまった李。

食事をうまく食べることが

できずにまき散らしてしまったり・・・

と、毎日ハラハラドキドキ、

そしてイライラの毎日ではないでしょうか?

そうなると我慢できずに、ついつい子どもに

怒ってしまってはいませんか?

子どもが泣いてしまって、

あとから強く言い過ぎてしまった。

どうしてこんなに怒ってしまったのか・・・?

と自己嫌悪になっているママやパパは

たくさんいると思います。

怒っている?それとも叱っている?あなたはどっち?

「やめなさい!」

「だめだと言っているでしょ!」

怒ることと叱ることは違います

強く言い過ぎて

自己嫌悪になっている場合は

だいたい怒ってしまったときですね。

怒ることは子どもにとって、

ママやパパの感情を

ただ伝えることにすぎません。

対して叱ることは、

どうしてこのことをしたらいけないのか、

このようにすれば良かった悪くなかった、

と子どもに示してあげることです。

怒るのは怒っておしまいですが、

叱るためには

正しいことを子どもに教えてあげないといけない

んです。

子どもにとっても怒ることは、

ただ恐怖でしかありません。

どうして怒られているのか、

わからないからです。

怒りがちなママ、パパは

「叱る」ようにしてみてください。

怒りそうになった時!あなたがするべき事



スポンサードリンク

「こらっ!」と怒りそうになっても、

我慢して一旦深呼吸してください。

どうやって、これがダメなことなのか

子どもにわかってもらえるのか考えて

判断してください。

ついつい大きな声で言って

しまいそうになるでしょう。

でもこちらもこらえて、冷静になって、

ダメな理由やこうしたら良かったんだよ、

と教えてあげてくださいね。

そして、できたときは

褒めてあげましょう。

子どもは失敗してこそ物事を知り、

そこから学びます。

最初はおもちゃの片付けも

うまくできません。

お友達と仲良くできないこともあります。

そんな中で頭ごなしにどなっては、

ただのトラウマになってしまいます。

しっかりと教えてあげること、

それをあきらめずに

繰り返し教えるようにしてください。

それでも、つい怒ってしまったときには

子どもに謝りましょう。

「強く言ってしまってごめんね」

「怖かったね」

と子どもの気持ちを

わかってあげてください。

そして大好きなんだとパパや

ママの気持ちを伝えてあげてください。

子育ては自己嫌悪の連続でもあります。

あのママはうまくできるのに、

あの子はもうできることなのに

ウチはできない・・・

と比べてしまうこと、

自分に自信がなくなってしまう事はあります。

忘れてほしくないのは、

パパもママも生まれた子どもと

一緒に成長していくということです。

はじめから子育てが

みんなうまくいくことはないんです。

パパもママも失敗して

あたりまえなんです。

まとめ

いくら愛しい我が子であっても、

ママパパは人間です。

子育てにイライラはつきものです。

怒りそうになってしまったとき、

感情をおさえられないときには

リフレッシュしましょう。

例えばパパにバトンタッチして、

30分ほど自分だけの時間を

過ごしてくるだけでも効果的です。

久しぶりに美容院に行ってもいいですし、

カフェで一杯飲んでほっこり時間を

過ごしてもいいんです。

リフレッシュできたら、

また子育て頑張れるかなって

気持ちになれるでしょう。

困ったときには1人で

抱え込まずに周りの人に

相談することも大事なんです。

子どもにとってパパとママが

仲良く元気でいることがなによりなんです。

協力して子育てに取り組みましょうね。



スポンサードリンク