私に子育てが出来るのか…なんとなく不安なあなたの本当の原因とは

妊娠をして出産を迎えるにあたって、

子育てへの不安がもくもくとしている

ママさんはいませんか?

経産婦、2人目のお母さんであったとしても

子育てには不安を抱きます。

はじめての出産子育てなら、なおさらですよね。



スポンサードリンク

実はみんなが不安!ママ達が抱える子育ての不安ベスト5!

ここで統計を実際にとることが

できたわけではありません。

ですが私と私も周りのママ友の中で

情報交換をしてわかった、

子育て不安ベスト5を発表しましょう。

・1位

夜泣きなど赤ちゃんの生活サイクルに

自分が対応できるか不安。

・2位

経済的に子育てがつらい。

将来の学費などが今から不安。

・3位

子育てでイライラしたり

マタニティーブルーになったら不安。

・4位

夫が育児にあまり興味がないようで、

仕事に忙しくワンオペ育児になりそうで不安。

・5位

育児だけでないわたしのこれからの人生、

どうしようと不安になる。

1位については、妊娠しているときから

周りの人から

「生まれたら大変になるよ」「覚悟しなさいよ」

と、半分脅されているようなママたちも多いので

このような不安をするのでしょう。

確かに生まれたら、

2、3時間おきの授乳やおむつ替え、

さらに赤ちゃんは、昼間は寝て夜は起きる

という昼夜逆転の生活がしばらくは続くので

ママは本当に苦労します。

授乳すらうまくできるのか自信がないのに

どうしょうと考えるママもいるでしょう。

2位は切実な問題ですね。

フルタイムで正社員の共働きならまだしも

出産を機に退職したり、

パートなどの非正規雇用だと

将来への備えが気になります。

大学まで通わせるとなると、

何千万円もないと足りないとか、

いくら貯金が必要になるとか。

いろいろと見聞きしたりすると、

ますます不安になりますね。

3位については、

もしかすると妊娠中から

感情がなんだか安定していなくて

漠然とした不安を抱えているから、

産後も私大丈夫かな。

と気にしているママも

いるでしょう。

マタニティーブルー

特別な人がなるわけではありません。

妊娠中からの

ホルモンバランスの乱れによって

誰もがなりうる症状です。

よく報道で、

「イライラして子どもにあたってしまった」

なんてママたちのインタビューも見かけるし、

自分もそうなってしまわないか不安になります。

4位は育児にママ一人で



スポンサードリンク

なんでも取り組まなきゃいけない状況

のことです。

夫にも手伝ってほしいけれど、

仕事帰りにお願いするのも酷だし、

でも自分だけで大丈夫か、

と思ってしまいますよね。

5位は特に、

今まで仕事をバリバリこなしてきて

職場を離れたママに多い

不安ではないでしょうか。

嬉しくて幸せな妊娠出産育児なはずなのに、

自分のキャリアはプツンと切り離されて、

虚しい感じありませんか?

待機児童問題も、都内や都市部では深刻。

ですから一度職場を離れてしまった以上

やっぱり復職も難しいし。

ライフスタイルはどんな感じがいいのか…

と悩んでしまうこともあるでしょう。

このようにママたちの子育てへの不安は

様々な点から複雑にあります。

不安を解決して楽しく子育てしていくコツやポイント

子育てへの不安が一気に吹き飛んで

切れることはほとんどありません。

まずは、不安ばかりでしょうが、

不安は一度なくなっても、

次にまた新しい不安ができるように

子育てには不安がつきもの

だから割り切ってしまうことが

第一のポイントとなるでしょう。

そして先にママたちが不安になりやすい

ベスト5について挙げました。

自分と同じようなママたちが

どんなことを悩んでいるのか

不安を知ることだけでも

心が休まることがあります。

それから最も大事なのが、

1人で抱え込まずに

口に出してヘルプを訴えることです。

ワンオペ育児にならざるをえない、

という状況であったとしても、

パパがお風呂だけ一緒に入る時間は確保する、

など少しでもパパができることはあるはずです。

1人で悩んで、苦しむからこそ

マタニティーブルーになってしまう

ママもいます。

実はパパも困っているママのために

なにかをしてあげたいけれど。

でも実際どうしたらいいのか

何を求められているのか、

聞かないと理解できないこともあるんです。

パパや行政のサービス、

また協力してもらえるのであれば

家族やお友達に悩みを相談することから

はじめていきましょう。

まとめ

子育てに関する不安と

それを乗り越えられるポイントについて

お伝えしてきました。

子育て中ママは孤独になりがちです。

愛しい我が子と一緒にいるのに

どうしてこんな感情になってしまうのか、

と自分を責めないでください。

ママがこんな風に感じるのは、一生懸命に

「ママになろうとしている」からです。

子育てはママもはじめてママも、

ママになるために子どもと一緒に育っていきます。



スポンサードリンク