保育士資格は高卒でも取得ができる!?乗り越えるだけの価値はある?

高校をもうすぐ卒業というと、

そろそろ将来の夢を

考えなければならない時期ですね。

どんな職種がいいでしょうね。

保育士なんて仕事はどうですか?

子どもが大好きな人は保育士に憧れますよね。



スポンサードリンク

保育士になれば

子どもたちと一緒に過ごせますし

いつも笑顔に囲まれ、

とても楽しい仕事です!!

女の子なら一度は憧れをもったことが

あるかもしれませんね。

ではそんな保育士とはどんな仕事なのでしょう。

保育士になるにはどうすればいいのでしょう。

保育士ってどんなもの?実は他の仕事にはないメリットも

保育士って、

そもそもどんな職業でしょうか?

保育士とは乳児から

小学校就学前(0歳~6歳)までの

子どもを保育する為に必要な資格を持った人

のことを指します。

保育士資格は一度取得すれば、

更新する必要はありません。

ですから、更新のための講義や

テストをうける必要がないのです!!

以前までは『保母さん』という名前でしたね。

資格も『保母資格』という名前だったんですよ。

女性がほとんどの保育士業界に

徐々に男性も増えていったので、

『保育士資格』という名に

変更されたということです。

働く場所は保育園以外にも沢山あります。

各種障害児施設、乳児院、児童養護施設など

いろんな職場で働けます。

病院、児童館や学童クラブ、

ベビーシッターなどで勤務する場合も

保育士資格が有利となる場合があります。

幅広い国家資格と言えますね。

また他の職業と違う部分は、

女性特有の結婚、出産など。

マイナスと考える会社や職業もありますが、

保育士業界では

プラス材料とされるケースが多いので、

女性にとっては魅力的な資格です。

将来、自分で子育てをする時にも

十分に生かすことがでる資格ですよね。

保育士の仕事、ただひとつ言えること

ご存じのとおり子どもが近くにいますから、

子ども中心であることは間違いありません。

ただ、一言で片づけられないのが事実です。

子ども同士のトラブルや保護者とのこと、

先輩に先生との関係、書類などなど

仕事を上げていくと、きりがありません。



スポンサードリンク

ただ一つ言えることは、

子どもを一番に考えることが大切な仕事

です。

「この子は何を思っているんだろう」とか、

「どんな成長過程なのか」など、

常に様々なことを考えながら仕事をします。

探究心を持って保育することが大切ですね。

保育士の資格を取る4つの方法

では保育士への道には

どんな道があるのでしょう。

保育士の資格を取得するためには

いくつかの方法があります。

  1. 短期大学、四年制大学

保育士資格を取得する学科に進みます。

短期大学は2年、四年制大学は4年です。

決まったカリキュラムの中で、

同じ方向を目指している仲間が沢山いるので

心強いですし、相談などもしやすいですよ。

保育士資格だけでなく、

他の免許も取れる学校もありますので

よく調べて受験しましょう。

  1. 専門学校

専門学校は2年間です。

同じように、仲間とともに

資格取得を目指しましょう。

  1. 通信講座

1.2にくらべると授業料が無いぶん、

かなりリーズナブルですね。

わからないことをなかなか人に聞けない時も

通信であればすぐに講師に聞くことができます。

もちろん初めて勉強をする人に

わかりやすい内容、カリキュラムになっています。

  1. 独学

参考書を購入して、独学で勉強します。

金額的には一番かかりませんね。

近くに勉強を教えてくれる人がいれば

この方法でも取得できるでしょう。

まとめ

保育士の仕事というものを少しは、

理解してもらえましたか?

沢山ある職種のなかで

「保育士になろうかな」

と考えたそこの学生さん。

保育士はとても楽しい仕事ですよ。

子ども好きにとっては

天職になる仕事と思います。

体力仕事ではありますが、

やりがいに関しては

他の職種と比べ物にならないくらい

素晴らしいものです。

今、心に描いた夢を大切に、

将来を素敵なものにしてくださいね。



スポンサードリンク