現役介護福祉士が暴露する!資格を取るといくらぐらい手当がつくの?

「介護福祉士」は資格を取得すれば

給料が格段に上がっていくとよく聞きます。

でもそれって本当なのでしょうか?

ニュースでは真逆の事を言っていますよね?

「介護福祉士は給料がやすいから慢性的な人手不足に陥っている・・・」



スポンサードリンク

実際、介護福祉士として現場にいた私ですが、

給料は本当に上がったのか?

介護福祉士を取得すると手当は付くのか?

そのような部分の本当の生の声をお伝えしたいと思います。

介護福祉士を取得すると基本給は間違いなく上がる

まずは誰もが気になる基本給の話です。

基本給が高ければ高いほど、

賞与の額が変わってきますよね?

それは誰もがご存じのこととは思います。

介護福祉士の資格を取得すると、

基本給は間違いなく上がります。

平均1万円~2万円程度は上がると思って大丈夫でしょう。

私の経験ですが、大手の会社で勤務していた時は

基本給に合わせて役職手当も付きました。

介護業界で働いていて、

月に2万円~3万円のベースアップはとても貴重です。

年収も上がる

もちろん基本給が上がるので、

賞与、いわゆるボーナスも上がるので、

さらに年収も上がります。

介護福祉士を取得した後の年収は、

以前の年収に比べると50万程度違いがありました。

介護の仕事は「年収が低すぎて結婚出来ない」と一般的には言われています。

ですが介護福祉士を取得すれば、

世間一般的に結婚出来るような年収まで上がるんです。

私の知人もたくさんこの業界に勤めていますが、

ちゃんと資格を取得した人はみんな結婚しています。

介護福祉士手当はどれぐらい付くのか?

介護福祉士を取得した場合に、

ちゃんと手当は付くのかという疑問には、



スポンサードリンク

正直どちらでもありえます、と私はお答えします。

実は会社によって違いがあるんです。

例えば基本給は上がるけれど、

基本給の上がった分に手当を含む、

という会社もあったりします。

なんとなく違法のような、

良くなさそうなイメージがあるかもしれませんが、

これは不当な支払ではありません。

会社の規定によって定めていれば、

何も問題はありません。

逆に基本給を少しだけ上げて、

介護福祉士手当として支払う会社もあったりします。

実際に手当として支払われる額の相場としては、

5千円~8千円位が一般的です。

体がツラくなる前に!将来を見据えてスキルアップをしよう

介護福祉士を取得した後に、

さらにスキルアップを目指す人は6割以上になります。

福祉業界の人間は、

だいたい給料の相場や給料の頭打ちを知っています。

そしてだんだん年齢を重ねるごとに、

夜勤業務がツラくなったり、

身体の限界を感じる時期が来てしまいます。

そのような事態に備えて、

介護福祉士よりさらに上級資格の「介護支援専門員」、

一般的にケアマネージャーと言いますが、

この資格を目指す人が多いです。

この介護支援専門員の業務内容は介護福祉士とは異なり、

実際の現場での仕事ではなく、デスクワークが主になります。

これなら年齢を重ねても出来る仕事ですよね。

ただし試験の合格率が2割台ですので、

かなりの難問試験となっています。

給料が安くて体もキツイというイメージの介護福祉士でも職種による

介護福祉士手当について色々な視点から

実際に経験した事を伝えてきました。

やはり努力をして資格を取得すれば、

それだけの見返りはきちんと貰えるという事を、

ちゃんと感じ取っていただければ幸いです。



スポンサードリンク