しみやそばかすを消す為に必須!日々の食べ物で助長していませんか?

ふっと鏡を見ると、しみやそばかすに

ギョッとすることがありませんか?

しみやそばかすの原因は

一般的には紫外線だ、と思われています。

ですが実はストレスや食生活も、

しみやそばかすを作る原因のヒトツです。

知らずに食している食べ物が

実は、しみやそばかすを誘発している、

という事もあります。



スポンサードリンク

20代を過ぎて、5年後も10年後も

美しい肌で過ごしたいなら、

紫外線はもちろん、

食生活にも気をつけたいですね。

今回は、

しみやそばかすを増やす食べ物などに

注目してみたいと思います。

まずは食習慣から!しみやそばかすを増やす食べ物もある?

そもそも、しみやそばかすは

何故できると思いますか?

しみやそばかすは、メラニン色素

皮膚に浮き出てくるものです。

メラニンは有害な紫外線が

体の奥まで届かないように守ってくれます。

吸収されたメラニンは

通常であれば肌のターンオーバーにより

剥がれてくれるもの。

ですが、生活環境や加齢により

ターンオーバーの周期は遅くなり、

そのままメラニンが残ってしまうのです。

剥がれ落ちずに皮膚にとどまる

メラニンが、しみやそばかすという事です。

メラニンが皮膚にとどまり、

剥がれ落ちない原因は

食習慣が原因かもしれません。

加齢による原因もありますが、

日々の食習慣の乱れが

誘発していることもあるのです。

しみやそばかすを作り出してしまう食べ物は・・・

・酸化した古い油

・惣菜

・農薬を使った野菜

・成長剤や大量生産されている食肉

古い油は酸化してしまっています。

揚げたての惣菜を買っても、

それは使い続けた油で揚げているもの。

大量生産された食肉は、成長を促すために

薬が使われていることがあります。

口の入れて実際に身体の中で

生き続ける栄養素になる食材が、

逆に悪い働きを誘発してしまう、

という事があるのです。

身体の中の活性酸素

増えてしまう食材は要注意です。



スポンサードリンク

しみそばかすの根本原因!日焼けや生活習慣を一から見直してみよう

しみやそばかすを作らない根本的な原因は

有害な紫外線を浴びないことです。

加齢によりターンオーバーの周期

年代別で変わってきます。

一般的に言われる20代前半であれば28日。

28日で肌は生まれ変わるのですが、

これは規則正しい生活をして

紫外線に気をつけている方です。

30代を過ぎると30日で

約一ヶ月かかってしまいますし、

40代を過ぎると60日で

約二ヶ月かかってしまいます。

加齢によるターンオーバーの

バラつきは修正することができません。

ですが、生活習慣や紫外線を浴びないことで

ターンオーバーの時期は、

早めることはできるのです。

紫外線は家の中でも窓から差し込む日差しで

皮膚にダメージを与えます。

ちょっとそこまでスーパーに買物に行くだけでも

10分や30分でも同じです。

ノーメイクで日中過ごすことは危険です。

乳液タイプの日焼け止めは

毎日でも塗るようにしましょう。

食生活では、活性酸素の働きを抑える食品を

すすんで摂取するようにしましょう。

ビタミンE、ビタミンC、ビタミンAは、

しみやそばかすを作る原因となる

活性酸素の働きを抑えてくれます。

また、亜鉛、カテキン、ミネラル

進んで摂取するようにしてください。

活性酸素の働きを抑えることで

身体の内側からも、しみやそばかすを

守ることができます。

まとめ

美しい肌の基本は、

しみやそばかすがないことです。

しみとそばかすの違いですが、

どちらもメラニン色素であり

形成の過程は同じです。

しみと言われると気分が悪いですが、

そばかすと言われると何となく許せる。

でも、結果的にどちらも同じ過程なんです。

1度、しみやそばかすが出来てしまうと

薄くするのに大変です。

化粧品や時にはレザーで取ることもあります。

しみやそばかすを作らせない

生活習慣を目指しましょう。



スポンサードリンク