歯茎が腫れる最大の原因はストレス過多!?引き起こされる意外な症状

徹夜続きの仕事が続いたり、

精神的に追い詰められたりすると、

身体の中は健康とは言えませんよね。

身体のいたるところに

痛みや不調がでてきます。

特に歯が痛くなることや

歯茎が腫れることはありませんか?

実は歯茎の腫れは

ストレスと関係しているのです。



スポンサードリンク

どうして、ストレスが溜まると

歯茎がはれるのでしょうか。

歯茎が腫れると他の症状を

引き起こすこともあるのです。

今回は、

ストレスで歯茎が腫れる理由について

お話しましょう。

寝不足などストレスが歯茎を腫れさせるメカニズムと症状

ストレスが溜まると人によっては

胃が痛くなったり、

頭痛がしたりする方もいます。

そして、歯茎が腫れて違和感を

覚える方もいるのです。

どうして、ストレスが溜まると

歯茎が腫れるのでしょうか?

ストレスとの関係を調べてみると

理由は簡単です。

免疫力の低下が歯茎の腫れを

引き起こしてしまっているのです。

ストレスが溜まると

免疫力の低下を引き起こします。

免疫力が低下すると

風邪を引きやすくなったりしますよね?

口の中は、もともと細菌が

非常に多く存在します。

どんなに口の中を清潔に保ち、

歯を磨いても

細菌がゼロになることはないのです。

だから免疫力が低下して

身体が弱っているところに、

細菌は入り込み歯茎を腫れる。

何故、免疫力が低下してしまうのか?

それはストレスを溜めてしまうと

睡眠や食生活、生活環境が

乱れてしまうからです。

仕事の問題、人間関係の悩み、家族のこと、

など・・・。

ストレスが溜まりすぎると、

どんなに肉体的に疲れていても

夜になり熟睡することができなくなります。

睡眠不足で目が覚めると

快調な気分とはほど遠いですよね?

睡眠不足が続くと

口の中にも菌が増殖してしまうのです。

さらに食事も

バランスよく食べることができない。

仕事の忙しさから店屋物や外食、

ファーストフード中心になります。

偏った食生活も口の中を劣悪な環境に

導いてしまうのです。

忙しいときにマメに

ハミガキをする方は少ないと思います。

早食い、そして長時間にわたり

歯磨きをしない生活環境が、

更に口の中の状態に

追い討ちをかけるワケです。

時間をかけず簡単に!ストレスで腫れた歯茎を改善する方法

歯茎が痛いと

歯茎だけの問題じゃなくなります。

歯茎が痛いとき、

精神的にイライラとしませんか?

人によっては頭痛を誘発する方もいます。

歯茎の痛みだけで自律神経は乱れて、

精神状態も不安定になる。

これは仕事にとっても

マイナスになることは間違いないこと。

歯茎の腫れはストレスによるものだから、

仕事が落ち着いたら完治するだろう・・・



スポンサードリンク

と思い込むことも危険です。

たしかに、歯茎の腫れにかかわらず、

腹痛も頭痛も時が過ぎれば

落ち着くことがあります。

しかし完治しているワケではなく、

大人しくなっているだけです。

再び、痛みは思いがけないところで

キバを向き始めますし、

再び、痛みを感じるときは

更に悪化しているときでもあるのです。

歯茎の晴れの原因は細菌によるものです。

細菌は口の中の状態を悪化させるものです。

歯周病歯槽膿漏など

口の中の病気を誘発します。

歯周病から糖尿病を引き起こす、

という事もありますので放置は禁物です。

  • 腫れた歯茎を改善する方法

  1. とにかく口の中を清潔に

とにかく口の中を清潔に

保つように心がけてください。

ストレスが溜まったら歯磨きをする、

くらいに思っても良いでしょう。

ただ、イライラして歯磨きをすると

手にチカラが入ってしまいます。

歯磨きは絶対にチカラを入れてはNG。

弱った歯茎にキズをつけて、

そこから細菌が増殖してしまいます。

優しく歯磨きをすると共に

3分~5分の時間を目安にしましょう。

洗浄液などを利用することも

細菌の増殖を抑えることができます。

  1. 食生活を見なおす

外食やファストフードなど

手軽に食べられる食生活が

中心になっていますよね?

特に外食は脂質糖質のかたまりです。

虫歯や歯茎の腫れを引き起こす原因になります。

カルシウム、ポリフェノール

歯垢の発生を抑えてくれますし、

カテキンが含まれている緑茶

殺菌作用があります。

また、食物繊維が豊富な野菜は唾液量を増やし

口の中の汚れを落としてくれます。

  1. タバコ、アルコールを控える

タバコやアルコールは口の中に

雑菌を増殖させてしまいます。

唾液量が少なくなるからです。

アルコールを飲んだ後は

水分がほしくなるものですよね?

アルコールは水分ではないのです。

口の中を悪化させてしまうため、

ストレス時期は控えるようにしてください。

まとめ

ストレスを溜めないことが1番の近道。

ですが日々働いている中で

ストレスのない生活はありえないものです。

誰もストレスを溜めたい方はいません。

ストレスを溜めない方法としては

気分転換をすることです。

ちょっとした旅行や外出、スポーツが

気分転換になることもあります。

また、口の中のことは自己判断も禁物。

あまりにも歯茎が腫れて痛い場合は、

迷わず歯医者に行きましょう。



スポンサードリンク