子育てを理解しない旦那にイライラ!それでも離婚は回避すべき2個の理由

子育てを始めたママの大半が

イラつく原因は…

旦那さんの育児に無関心な態度です!

実はこれが原因で「離婚」に至るケースも

少なくありません。

女性は赤ちゃんをお腹に授かった時から

「母親」になると言われています。

ですが男性が「父親」になるのは

赤ちゃんが生まれてしばらく経ってから

という場合が多いのです。



スポンサードリンク

実際に生まれた赤ちゃんを目にしなければ、

男性はなかなか父親になったという

実感がわかないんですよね。

そして、いざ生まれてから育児が始まっても

「何をして良いかわからない」

といった状態になります。

それを見たママが

「旦那は育児を手伝ってくれない」

と判断してしまうため、

旦那さんにイライラしてしまうんです!

だからと言って、離婚をするというのも

オススメできないのが現実です。

それよりも先にまだできることがあるので、

ぜひ試して頂きたいところですね~。

そこで、今回は…

「離婚は子供の将来や心の成長にも大きな影響がある」

「もっと意思疎通をしてみよう」

などの内容を含めてご紹介したいと思います!

実際、私も何度か

離婚を考えたことがあります。

もちろん、子供が生まれてからですね。

私だけに育児を任せるなら、

旦那はいなくても良いのでは?

と考えたりもしました。

しかし、離婚した後のことを考えたり

調べたりしてみると、

中々大変な状況になるんだな…

ということがわかりましたよ。

なので、今回旦那さんの

育児に対する理解のなさで悩んでいたり

離婚を考えているのであれば、

まずはこちらの記事を読んでみて下さいね!

離婚してしまうと子供の将来や心の成長にも大きな影響がある

旦那さんの育児に対する理解のなさで

離婚を考えているママは

本当にたくさんいます。

むしろ、一度は考えるのが当たり前!?

という感じですね。

しかし、一時の感情で離婚してしまうと、

後々大変な思いをする羽目に…

また、一番大切な子供の将来や

心の成長にも大きく影響してしまうとしたら…?

実際に離婚がもたらす

子供への影響をご紹介しますね!

  • 子供の将来への影響

現代では、「片親」というのも

あまり珍しいものではなくなってきています。

ですがやはりそれが原因で

『いじめ』の対象になってしまう、

という場合もあります。

また、周りのママ達から

「かわいそう」と言われたり、

そういう風な目で見られたり

することもあるでしょう。

子供が保育園、幼稚園、小学校、中学校…

と進んでいくにつれ、

その都度たくさんの行事が舞い込んできます。

もちろん両親の参加が必須、

となるものもありますよね?

周りは両親揃って出席しているのに、

自分だけが母親だけの参加だとしたら

どうでしょう?

それだけなら

まだ我慢できる子もいるかもしれませんが、

あなたが稼ぎ頭になるのですから、

行事に参加できないなんてことも…

子供が進級・進学していった時のことを考えると、

両親が揃っていた方が良いですよね。

  • 子供の心への影響

大好きな両親が離婚してしまって、

母親だけしかいなくなってしまった場合、

子供は単純に「寂しい」と感じます。

しかし、それを口にすることはできません。

なぜなら、親を困らせないように、



スポンサードリンク

と気を遣うからです。

物心つくようになるまでは、

思ったことを口にしてくれるかもしれません。

ですが離婚をきっかけに

親の顔色を窺うようになり、

本心を話さなくなってしまう子もいますよ。

そうなってしまうと、表面上は

「なんでも話してくれている」

というように見えても、

実際は親にものすごく

気を遣ってしまうようになっているのです。

子供の将来や

心に大きな影響を与えてしまうと分かれば

安易に離婚はできませんよね?

子供に辛い思いをさせるくらいなら、

まずは離婚を考える前にできることをしましょう!

男性は子育てが苦手な人が多い!もっと意思疎通をしてみよう

離婚をする前に何ができるか?

それは意外にとっても簡単なことです!

「意思疎通をする」ということです☆

言い換えれば、ちゃんと話し合いをする、

ということですね。

正直男性は女性ほど育児はできません!!

これは当たり前のことです。

女性はお腹に赤ちゃんを宿した時から

ずっと一緒にいますよね?

子供が生まれてからも、明らかに女性の方が

赤ちゃんと一緒にいる時間が長いのです。

それに比べて男性は、子供が生まれるまでは

父親という実感がない人の方が多いです。

また、子供が生まれてからも仕事を休んで

ずっと一緒にいるということはできません。

そうなると、子育てを

どのようにしたら良いのかわからなくなって

しまうんですね。

そのため、子育てから遠ざかってしまったり、

避けて通るようになってしまうのです。

要は、

「子育てと言っても何をして良いのかわからない」

という状態になっているんですよ!

だからこそ、「意思疎通」が必要となんです!!

何か手伝って欲しいことがあれば、

「○○をして欲しい」

と頼むようにしましょう。

最初はやり方がわからない旦那さんでも、

手伝うようになればだんだん手際よくなってきます。

教え込むまでが大変かもしれませんが、

一度覚えてもらえば自然と育児に

参加してくれるようになりますよ♪

私自身も、2人目が生まれたときに

上の子の赤ちゃん返りと

2人目のお世話で極限状態に

なっていたことがあります。

その時に、旦那の「うるさい」

という一言にブチ切れて溜まっていたものを

全てぶつけました!

そうすると、旦那は驚きながらも

「なんでもっと早く言ってくれなかったんだ」

と言いました。

確かに言わなければ

わからない事も多いんですよね。

それからは旦那も子育てに参加するようになり、

今は3人目も妊娠中で色々と手伝ってくれています☆

なので、離婚を考える前に

まずは話し合いをしてみて下さい!

私は喧嘩になるのが

面倒くさいと考えていました。

ですが離婚を考えるくらいなら

まずは喧嘩をした方がマシだな、

と考えるようになりました。

喧嘩になってどうにもならない時に、

離婚を考えようと…

そう考えるようになってからは

怖いもの知らずです♪

まとめ

いかがでしたか?

離婚はほぼ親の都合で決めてしまうものです。

しかし、大きな影響があるのは

「子供」なんですよ。

なので、子供の将来や心に

大きな影響を及ぼす離婚を考える前に、

まずはできることをしてみて下さいね☆



スポンサードリンク