子育ての疲れがなかなか取れない時のリフレッシュ方法

ママさん方毎日の育児本当にお疲れ様です。

日々、家事に育児にヘトヘトになっていませんか?

仕事と違い休める曜日などもないので、

子育ての疲れは溜まっていく一方ですよね。

ママさんもしっかりリフレッシュすることによって

よりよい子育てハッピーライフを過ごすことができます。



スポンサードリンク

一時保育に預けて自分の時間を作る

最近では様々な保育園で一時保育が利用できます。

慣らし保育の際には午前だけ預けることから始まり

徐々に夕方までと時間を長くしていく保育園や、

はじめから一日預かりをしてくれる保育園があります。

ここでのポイントは数か所登録をすることです。

一時保育は完全予約制なのですが、

日によって混んでいると預けられなくなることもあるので、

確実に預けるために数か所登録しましょう。

そうすることによってママのリフレッシュできる時間を確保することが大切です。

朝から午前中、夕方までのほぼ一日の時間一人になってみて

ゆっくり睡眠をとるもよし、買い物にいくもよし、料理に力を入れるもよしです。

自分の時間を有意義につかいませんか?私の場合は一人に買い物にいっても

結局探してしまうのは子供の洋服やおもちゃなど子供のものばかりでしたが

とても良い気分転換になりましたよ。

保育園によっても、準備するものが違っていたり

連絡帳が必要だったりと少々細かいのですが

はじめのうちに登録することによって後々とても楽になります。

少々お金がかかってしまう部分もありますが、週に一回や月に一回など

自分で頑張ったご褒美を日常に取り入れて

うまくストレス発散しましょう。

子育てサロンに行ってみる

子育てをしていると、核家族社会の現代では

人と話すことがとても減ってきています。

一日家にいて誰とも会話しなかったなんて日もあるかもしれません。

そんな時、地域の子育てサロンや子育てサークルに参加してみましょう

はじめは緊張し、足取りが重いかもしれませんが、

スタッフさんや他のママさんたちもいます。

お家にはない違うおもちゃをみてお子さんが興奮すること間違いなしです。

ママさん達と情報を共有することで、

地域のイベントや子育てでのおでかけオススメスポットなど

様々聞くことができますよ。

しかし、おしゃべりに夢中でお子さんから目を離してしまうことはNGです。

もちろんお子さんをしっかり見ながらにはなりますが、

同じ境遇のママさん達と話すことはとてもリフレッシュできます。

もちろん悩みなど相談もしてもOKですが、



スポンサードリンク

あまり込み入った話をするのは信頼できる人だけにしましょう

いろんなママさんもいますので、中には噂を立ててくる人もいます。

少しずつ距離を縮めていくうちにどのような人なのか

など見極めていくのも大切ですね。

子供をパパに頼んでゆっくり買い物またはお風呂

毎日の育児、本当にお疲れ様です。

パパさんが激務なご家庭のママさんはその日の一日がとても挌闘の毎日かと思います。

そんなとき、一日だけでもいいのです。子供はパパに頼んでゆっくりお買い物しましょう

まだ授乳などある場合には、ショッピングモールに一緒に行って別行動をし、

いつでも連絡がとれるようにしておけば大丈夫です。

毎日の育児を頑張っていることを必ずパパさんはわかってくれています。

万が一わかってくれていなくても、一日パパに預けることによって

パパさんも子育ての大変さが少しはわかってくれるでしょう

ショッピングモールが遠いなどの事情があるときは、

パパさんに頼んでゆっくりお風呂に入りましょう

半身浴を30分程するだけでリフレッシュします。

また好きな入浴剤やシャンプーなどのバスグッズも準備することによって

更におひとり様お風呂タイムが楽しみになります。

最近ではスマートフォンの防水カバーも売っているので、

音楽を流しながらゆっくり浸かるのも疲れが取れますよ。

一日全く家事をしない日を作る

パパさんもお仕事で忙しく、ご実家や義実家も遠方のママさんには、

一日だけでも家事を全くしないオフの日を作るのがベストです

毎日、ご飯の支度やお風呂の準備、掃除に洗濯…と日々に追われていませんか?

そんな時はコンビニのお弁当でもいいのです。

掃除や洗濯などの家事を一日くらいやらなくても全く問題はありません。

一日オフしてみませんか?

お子さんだけと二人でゆっくり散歩するのも良いかと思います。

お家でおやつを食べながらテレビをみて遊ぶのもいいと思います。

何かに追われているからこそ、子育てもつらくなってきてしまい

疲れが溜まっていってしまうのです。

時には肩の力をぬきましょう。

きっとお子さんも一日大好きなママとベッタリいれて

お互いハッピーな一日になること間違いなしです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?やはり、子育ては一人でするのにはとても大変です。

誰かの手を借りながら少しずつママさんも親になっていきます。

焦らなくて大丈夫です。そんな頑張っているママをお子さんは必ず見ています。

ゆっくりゆっくり、一歩ずつ日々を過ごしていきましょう。



スポンサードリンク