子育ての辛い時期はいつまで続くのか。時には全力で逃げる!

毎日の子育て本当にお疲れ様です。

日々の子供の成長を一番近くで感じられることは大変喜ばしいことなのですが、

どうしても疲れがとれなく時に投げ出してしまいたくなるときありませんか?

子育てが辛くなってしまう時もありますよね。

辛くなってしまい、疲れがとれないときはどうしたらいいのか紹介いたします。



スポンサードリンク

子育てが辛いと感じる時期は初めの3年だけ!?

子育てをしていて、何が一番つらいでしょう。

自分の時間が持てないことももちろんですが、

どんなに寝かせ付けをしても寝てくれなかったり、

離乳食やミルクを飲んでくれなかったり、

うまくいくことばかりでないのが子育てですね。

辛い時期というのは、月齢ごとに様々あるとおもいますが、

やはり出産をしてから約半年程が一番大変かと思います。

赤ちゃんはまだ歩けませんし、お座りもまだしっかりできない時期ですね。

また、寝返りをする頃ではありますがその他意思疎通があまりとれないことが大変です。

お腹がすいているのか、また眠いだけなのか、

泣くことで自分の気持ちを表すのでわからないときもあります。

生後間もないころはまた、朝と夜の区別もつかないため

夜に寝てくれないことも多くあります。

そのため、ママが睡眠不足になってしまい、

イライラして疲れがとれなくなって悪循環になってしまいますね。

1歳ころになり歩けるようになると、

なんでも自分で歩きたがりどんどん話はじめる子もいますので目が離せません。

2歳ころになると、よく言われている魔の二歳児ですね。

一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

だいたい三歳程まで続く場合もあるそうです。

やはり、子供のペースにのまれてしまい自分のことがままならない時に疲れがたまってしまうのではないでしょうか。

子育て中に疲れを感じたら無理せず逃げる!

疲れが取れない時、どうしていますか?

子供が寝た際にやっと自分の時間がありますので、

掃除や洗濯などやらなければいけないことを一生懸命やっているのではないでしょうか。

疲れが溜まっているのにも関わらず、自分の体にムチをうってしまうのは

心身ともに疲れ果ててしまいますね。

絶対体を休ませろ、とは言いませんが自分の体と心に相談して

無理のない範囲でことをすませていくことが大切です。

ちょっと疲れてしまったときは一緒に寝てしまい体力回復をすることもとても大切なのです。

体の疲れが取れていても心が子育てに疲れ切ってしまうと心が風邪をひいてしますね。



スポンサードリンク

そんなときは心にも栄養が必要になります。

自分の好きなことはなんでしょう?料理が好きな方もいますし、趣味は本当に様々ですね。

家でできる趣味であれば思いっきりその趣味を楽しみましょう。

誰かと話すのが好きであれば友達と会ってたくさんおしゃべりするのも効果的です。

会うのが難しい場合は電話で長電話するのもいいですね。

電話での会話ですと、子供が泣きじゃくってしまったら

また後日かけなおす旨を伝えてもいいですし、化粧をしなくても大丈夫です。

とにかく自分の好きなことを全力でやってみることで心に栄養チャージができます。

子育てに辛く疲れ切ってしまった方にはとてもオススメですよ。

そんな元気もやる気もない…なんてときには部屋中の窓を開けて

空気の入れ替えをすることも大切です。

少しでも気分転換しましょう。

時には一切子育てから離れて全力で逃げる!

あなたが一番心身ともに休める時間はいつですか?一度考えてみてください。

子供が眠ったときでしょうか。常に体に神経を張り巡らせてしまうと

心も体も疲れ切ってしまいなにもできなくなってしまうときもありますよね。

休めるときに休む。簡単そうにきこえて少し難しいですが、

まずは5分からでも自分の体をOFFしてみてください。

お子さんが眠っていたら10分など、少しずつ自分の休む時間をつくりましょう。

何もしないことをするということです。頭を空っぽにして少しぼーっとしてみてください。

いつもたくさんのことを一度に考えてしまうと、脳みそがパンクしてしまいます。

すべてをクリーンにして、真っ白にすることで気持ちをリフレッシュすることができますよ。

考えているときも一度思考を止めることで

うまく整理できる場合も多くありますのでオススメです。

またパパがお休みの場合などには、子供の面倒を見ていてもらい、

これでもかという程眠ってしまうのも大変効果的です。

体を休めることによって精神的安定にもつながりますので、

体を休めることも大事にしましょうね。

パパにも子育ての大変さを分かってもらえるチャンスです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

毎日の休みがない子育てですから、心も体も疲れてしまいますよね。

一度自分がどれほど疲れているのか理解してあげることがとても大切ですよ。

まだできる、大丈夫と頑張り続けてしまってはいつか限界がきてしまいますから、

適度にガス抜きをすることは大切です。

自分にピッタリのリフレッシュ方法をみつけて、毎日の子育てがよりよくなれば良いですね。



スポンサードリンク