子育て中の家事は効率良くなくて当然!?欠かせない大事な考え方とは?

毎日の家事に育児、大変ですよね。

家事はやすめても育児にやすみはないですから、

どのように家事をこなしていけばよいか悩んだことありませんか?

今回は、子育てをしているママ必見!

子育て中の家事の効率を少しでも良くするために

必要な考え方をご紹介いたします。



スポンサードリンク

週のはじめに子育てと家事のスケジュールを組む

毎日家事をこなしていく上で、すべての家事を完ぺきにこなせる人なんていません。

子育て中のママならなおさらのことです。

そんな時、できるだけ曜日ごとなどで家事のスケジュールをたてることが大切です。

掃除一つに関しても、今日は雑巾がけ、明日は掃除機などうまい具合に

やることをリスト化することが大切です。

全部漠然とやらなければならないとなると

どこから手を付けていいのかもわからなくなってしまいますね。

そんなとき今日やることをまとめておくだけでも全然違いますよ。

また、子育てをしながらですのでスケジュール通りにいかない日もあるでしょう。

そんな時は、違う日にずらしていくなどの応用も大切です。

できないときには、きちんと理由がありますので

自分を責めずにゆっくりやっていきましょう。

食事の支度についても、あまりにお子さんの機嫌が悪い日などは

冷凍食品をうまく利用しても大丈夫ですよ。

また、簡単に調理できる食品も販売されていますので、

野菜をいためてそれと和えるだけでも簡単に一品完成します。

時間がないときは、丼ものが大活躍します。

簡単にできる、丼ものでは節約にもなりますし

料理の品数を考えなくても良いのでオススメします。

簡単でしっかり食べられて、更に節約にもなるなんてメリットばかりしかないですね。

子育て中の家事は予定通りにいかないのが当たり前のスタンスで

家事も育児も、自分のこともとなると全うするのは難しくなかなか不可能に近いです。

家事のスケジュールを立てていざやろうとしたときに、

お子さんが泣いてしまった…あるかと思います。

そんなとき、イライラしてしまう気持ちもわかるのですが相手はお子さんです。

思い通りにいかないのが当たり前ですので一度深呼吸しましょうね。

家事を毎日しなくても命にかかわることではないので、

命にかかわること以外はなんでも大丈夫!くらいのスタンスでいきましょう。

そして決して、今日も家事ができなかった…と落ち込まないでください。

自分を責めないでくださいね。お子さんを育てていることが

どれだけ大変なことなのか知ってくださいね。

お子さんもママと一緒にいられることが何より幸せです。



スポンサードリンク

泣いてしまうときも、ママが抱っこすれば落ち着いて泣き止む子も多いですね。

家事はいつでもできます、しかし今この瞬間の子育ては今だけですよ。

できるだけ育児の思い出は楽しい記憶をとっておきたいですね。

どうしても、部屋が散らかりすぎてしまってどこから手をつけていいか

わかなくなってしまったら、特別な手として家事代行サービスを利用するのもありですよ。

時間ごとや場所ごとに料金もかわりますが、ハウスクリーニングをしてくれますので

気分転換にもなりますね。

なにより、家事に気を取られて自分まで失ってしまうことが怖いですね。

できなかったときはそんな自分も受け入れてあげましょう。

子供を優先して家事はできることだけ

食器洗い一つにしても、立派な家事です。

なかなか子育てをしながらですと、あれだけ楽しみにしていた育児であったのに、

こんなはずでは…と頭を抱えてしまうこともありますね。

家事優先ではなく、子育て優先でいいのです。何もしない日があってもいいのです。

今日、ママさんは子育てをしたのですから、そんな日があっても大丈夫ですよ。

ごはんの支度や簡単な家事などは、危なくなければ

おんぶをしながらの家事をオススメしますよ。

おんぶ育児はとてもメリットばかりで、お子さんも気持ちが安定しますし、

ママも一人で様々なことができますので少しゆとりができますね。

またお子さんが眠ってしまったらお布団に寝かせて一緒にお昼寝なんてこともできます。

お子さんを優先することももちろん大切ですが、

自分自身のことも優先してあげてくださいね。

ママの気持ちが不安定であったり、イライラしてしまったりすると

不思議とお子さんに伝わってしまうものなのです。

伝わってしまうと、お子さんも不安になってしまい泣き出してしまい

更にイライラという負のスパイラルになってしまいます。

家事は頼めるときはパパにお願いするのもオススメです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。家事ももちろん大切なことですが、

子育てと比べたらお子さんが最優先ですよね。

お子さんをおんぶしながら、スケジュールを立てた家事をこなしていくのも

いいかとおもいます。もちろん自分のペースでスケジュールに全てとらわれず

ゆっくりやっていきましょうね。

日々の生活にゆとりがうまれることで、自分自身にもゆとりがうまれますよ。

家事と育児、効率をよくしてスムーズに過ごしていけたらいいですね。

決して自分のことを責めてはいけませんよ。



スポンサードリンク