子育てで大変なことの私的トップ4!楽しんで乗り越える方法も

子育てというのは本当に大変ですよね。

毎日同じことの繰り返しのようで全く違いませんか?

昨日はこうだったのに今日はこれじゃうまくいかない、

など難しいことばかりですね。

機械ではないので思った通りにいかないことが一番大変かと思います。

今回は子育てで大変なことやその大変な時期について紹介していきたいと思います。



スポンサードリンク

子育てで大変なことその1.出かけるときに荷物が多くなってしまう

子供連れでお出かけをする際、おむつやミルク、着替えなど

様々な荷物が増えてしまいますよね。

折角の楽しいお出かけなのに忘れ物をしてしまうと、気分も下がってしまいます。

子育てで大変な時期は、断乳や断ミルクが終わっていなかったり、

まだ離乳食であったり、おむつが完全にはずれていない時かと思います。

荷物が多いと、お出かけするにも億劫になってしまいますよね。

あれがないこれがないとなってしまいますので、

車でお出かけの際などは車の中におむつを1パックおいておくなども良いですね。

今ではベビーカーに取り付けできるポケットもありますので、

ベビーカーの収納もうまく利用しましょう。

また、大量の食品や日用品の買い物であればベビーカーで運ぶのは困難ですので、

ネットスーパーや宅配をうまく利用しましょう。

スーパーで買い物をして、商品は家まで配達してくれるところも

今は多くありますので是非利用してみてください。

子育てで大変なことその2.ひと時もゆっくりできる時間がなくリラックスができない

子供が起きていると危ないことをしないか

心配になってしまいまって全くゆっくりできませんよね。

自分が好きなことをしているうちに何か大変なことになってしまったらと思うと、

常に緊張の糸が張り詰めてしまいます。

そんな時は、ベビーゲートを利用してみてはいかがでしょうか?

ベビーゲートで遊ばせている間に自分はやることをやってしまう、

または少しの時間でも好きなことに費やすこともできますね。

ママだってリラックスできる時間がないと気が滅入ってしまいますので、

うまく気分転換しなければいけません。

もちろん泣いてしまったり、ミルクの時間だったりしたら面倒をみてあげてくださいね。

またママが見えなくなってしまうと泣いてしまうお子さんでしたら

見える位置にバウンサーを置いたりおんぶをしたりして家事をやるのも効果的ですよ。

少しでも自分の時間が作れるように工夫をしてみましょう。



スポンサードリンク

子育てで大変なことその3.寝かしつけに時間がかかってしまう

なんといっても、毎日必ずある育児が寝かしつけですよね。

どうしても寝てくれないとイライラもしてしまいますよね。

今ではねんねトレーニングなどもあります。

少しずつ一人で寝られるようにトレーニングをするのも良いですが、

それにとらわれずその子のペースで寝かしつけがうまくなっていくといいかと思います。

小さいころから一緒にあるタオルなどがあると安心して眠ってしまうお子さんもいますので、

寝るときは何かと一緒というものがあれば早く寝てくれますよ。

月齢が間もない赤ちゃんであればおくるみもオススメです。

赤ちゃんはずっとおなかの中にいたのでおくるみのような包み込まれる空間が大好きです。

大人でも、おくるみのように包まれると安心するくらいですから。

またどうしても眠ってくれない時はおんぶも効果的です。

おんぶをしながら間接照明があるくらいの

暗い部屋で揺れながら子守歌をうたってあげましょう。

その時に足が冷えていないか両手で確認してください

足が冷たいとなかなか寝付けない子も多いので

手であたためながらおんぶすることによって

子供の体温もあがりますので眠りやすくなります。

子育てで大変なことその4.突然風邪をひいてしまう

せっかく予定があった日や、日曜日に限って風邪をひいてしまうのが子供です。

また夜などに熱をだしてしまうことも多くありますね。

子供は突然風邪をひいてしまうこともやはり子育ての大変なことかと思います。

救急病院をしらべたり、病院に連れて行ったり、

なかなかスケジュール通りにはいきませんよね。

子供の熱や風邪についてはどうしても予測できかねてしまうことですのでとても大変です。

さらに幼稚園や保育園に入園したてのころは、

一年ほど風邪や熱と隣り合わせと思ってください

この時期を超えたらだいぶ楽になりますよ。

団体行動ですので、一人が感染症にかかってしまうと

どんどん感染していってしまいます。

日々の生活習慣や、食生活、睡眠をきちんととることと、

帰宅したら手洗いうがいをすることで予防できるものも多くありますので気を付けましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。子育てで大変なことはまだまだありますが、

今回は4つの大変なことと対策方法を紹介しました。

少しでも、育児が楽に楽しくなるといいですね。

大変な時期はいつまでも続くわけではありませんから、

この大変な時期ですら楽しんでしまいましょう。



スポンサードリンク