子育て疲れの解消を!と焦りから体調不良。もっと楽にやるための4か条!

子育て中の疲れはママみんなが感じるもの。

新たな命を産み育てていくのだからママの責任は重大です。

そんな大仕事を毎日続けているのですから疲れるも無理はありません。

そうだとわかっているけど、ついイライラしてしまう。

子育て中の疲れが解消できればいいのに、そう思いませんか。

子育て中の疲れは解消できるのでしょうか。

またどのような解消方法があるのでしょうか。

私自身の経験をもとに考えてみたいと思います。



スポンサードリンク

子育て疲れの解消のために試して効果があったこと

・漢方をのむ、針を始める

産後から体調があまりよくなかったのもあって、

しばらくは病院通いをしていました。

逆流性食道炎という胃液が食道に逆流する病気でした。

原因はよくわからないのですが、出産による生活の劇的変化に

身体がなかなかついてこられなかったのだと思います。

その上に抱っこや授乳など、身体を酷使していたせいか、

やたらと背中が痛くて普通に座るのも辛い時期もありました。

そんな時に、運よく信頼できる病院に出会い、そこで漢方と鍼治療を始めました。

もともと漢方には興味がありました。

漢方が苦いとか、鍼が痛そうとかそういう先入観がなかったのも

よかったのだと思います。

漢方や鍼は自分の体質に合っていたのか、

しばらくすると身体がどんどん軽くなっていきました。

自分に合った治療や、治療に関して優しくアドバイスを

していただいた先生に出会えたことに感謝しています。

・ストレッチを始める

漢方と鍼治療で身体がだいぶ楽になったので、ストレッチを始めました。

朝、みんなの起きてくる前の時間を有効に使いました。

まだみんなが寝ている静かな時間にのびのびとストレッチをして

身体を整えるのはとても気持ちがよく、また心が落ち着きました

これは産後のダイエットにもなりました。

ポッコリおなかが無くなっていきました。

今でも気分が乗ったとき、少し身体を引き締めないと

と思ったときにはストレッチをするようにしています。

・おしゃれをして見た目を気にする

普段は子供と一緒に公園や児童館などに遊びに行ったり、抱っこなどをするので、

多少汚れてもいいような、できるだけガシガシ洗えるような

綿100%の洋服をきていましたが、たまに、これは汚れるとまずいかも

というくらいの服を着て、おしゃれをしていました。

やはり洋服を少し変えることで、自然とテンションがあがります。

気分を変えるという意味では子育て疲れの解消になりました。



スポンサードリンク

・1人の時間を作る

子供が1歳を過ぎたころから、夫や母親に子供を預けて

1人の時間をつくるようにしました。

それまでは、30分以内にスーパーに買い物に行く、

2時間以内に美容院でカットカラーをすませる、など

極力短い時間で最低限必要な用事をすませるように努力していました。

1歳を過ぎると、私でなくても、夫や母親に

子供を任せられるようになってきました。

思い切って半日、ときには朝から夕方まで、1人で買い物に行ったり、

少し離れた友達に会いに行ったり、など自由な時間をすごすことにしました。

最初のころは、子供の事が心配で早めに帰ってきてしまったり、

必要以上に電話をして様子を聞いたりと、離れていても

結局頭の中は子供のことばかりでした。

しかし、回数を重ねるごとに徐々にうまく気持ちの切り替えが

できるようになり、安心して外に出かけられるようになりました。

もちろん、夫や母親の協力と理解があってのことですが、

これは子育ての疲れの解消になりました。

そうやって出かけたときの帰宅後は、

子どもへの愛おしさが何倍にも膨れ上がりました

また、子育てを頑張ろう、という気持ちになれました。

半日でもゆっくとした時間を自分のペースで過ごすのは

とても大事なことだと思います。

子育て疲れを解消したいとは誰しもが感じるもの

私の場合、たとえ愛するわが子であっても、毎日ずっと一緒にすごしていると

子育てによる疲れから、一体いつまでこの生活が続くのか不安になり、

自由になりたい、1人になりたいと無性に思うことがありました。

その一方で、母親なのにそんなことを思って、

自分はなんてダメな母親なのだと自己嫌悪に陥るのです。

子供が生まれる前の自分の生活が思い出せないほど、

子供と自分の世界にどっぷりとはまっていました。

このように感じるママさんも多いのではないでしょうか。

しかし、子育てを頑張っているママさんだからこそ、

このように感じるのではないでしょうか。

子育ての疲れをすべて解消しようと考えない

上記のようなことを試してみるといったんは疲れがなくなって

元気一杯という気になります。

しかし、毎日続く子育てなので、また次の日には同じように疲れが逆戻り、

なんてこともあります。

あーあ、いつまでたったらこの辛い状態から抜け出せるのかと思いますよね。

でも私は、「子育ての辛い」を全て解消できなくてもいいじゃないか、

とも思います。だって、それが子育てというものだから。

全てを解消しようと思わないほうが気持ちが楽になりますよ。



スポンサードリンク