共働きで家事もして2人の子供の子育てもしている私の疲れをリフレッシュする方法4っ!

あれほど憧れていた赤ちゃんとの生活。

早く産まれないかなと、心待ちにしていたあのころ。

いざ、子育てが始まると、毎日が苦労の連続。

いつまでこんなに手がかかるの!?

ひとつ問題が片付いたと思ったのにまた新たなトラブル発生。

など、子育ての大変さは経験してはじめてわかるものです。

こんなはずじゃなかつた、そう思う方も多いのではないでしょうか。

そんな子育ての疲れをリフレッシュする方法を見てみましょう。



スポンサードリンク

仕事も子育ても疲れをうまくリフレッシュすることが重要!私の実践している4つの方法

・睡眠が一番大事!

やはり体の疲れはしっかりとした睡眠で癒しましょう。

私は、子供が布団に入る9時に思い切って寝てしまいます。

眠たいときはがっつり寝ます。

頑張ってそれまでに家事一切を済ませてしまいます。

そうすると、朝5時にすっきり目が覚めます。

こんなことは、毎日はできませんが、

体が重くてどうしようもない時にはこの方法で体を休ませています。

それに、私も一緒に寝てしまうことで子供たちも安心して眠れるようです。

・朝のストレッチで覚醒!

そうして、朝早くおきた時、また普段の朝も、

ストレッチをするようにしています。

目が覚めてまずコップ一杯の水を飲みます、そしてストレッチ。

とても気持ちがいいですよ。

また、教育テレビでテレビ体操が朝10分放送されるのですが、

これもいいです。テレビをつけると体操しているお姉さんがいるので、

ついついつられて体操してしまします。

ストレッチや体操が習慣化すると身体にも気分的にも

気持ちがいいでのでオススメです。

一日の始まりがとてもいい状態でスタートできますよ。

・職場でひとりランチ!

私が唯一ひとりになれる時間は平日のお昼です。

普段は職場で簡単なお弁当を食べるのですが、

週に1、2回はちょっと外に出てひとりランチをします。

仕事の合間に、ゆっくりランチができるのってとっても幸せを感じます。

申し訳ないですが、子供や家のことを忘れているかもしれません。

それくらい開放的でリラックスした時間を過ごすことができています。

たまには職場の気の合う同僚ともランチをしますが、

職場にありがちな大人の付き合いのような疲れるものは御免なので、

極力、自分の気持ちを大事にしています。

・子供と一緒にゲームで盛り上がる!

今はいろんなゲームが出回っていますよね。

しかし、我が家にはゲーム機は一つ。

テレビに接続するタイプのゲームを持っています。

実は私も昔はゲーム大好きな子供でした。

子供がゲームをしているとウズウズしてしまします。

そのうち、ママもやって!クリアして!とせがまれます。

ここは腕の見せ所です。無事に突破。すると、子供はママすごい!



スポンサードリンク

と拍手喝采です。

こうして、ゲームを思う存分楽しみながら、

ちゃっかり母親としての威厳も保っています。

子供としても、ママと一緒にゲームを楽しめるのは嬉しいみたいですね。

もちろんゲームは1日1時間、とルールを決めてやるようにしています。

仕事を始めると赤ちゃんに付きっきりのときとは、また違った大変さが…

私の場合、子供は2人います。

下の子が入園したのをきっかけに仕事を始めました。

朝9時から4時までの6時間勤務なので、学童保育に入れています。

朝は子供の登校の時間に仕事に出かけ、

仕事を終えたら学童にお迎えに行きます。

残業をすることもあるので、毎日4時に帰れるわけでもありません。

子供を迎えに行ってから帰宅後は、次から次へと家事、育児がつづきます。

片時も座っている時間がないくらいです。

まずは、夕飯の準備。お腹をすかしているので、早く早くとせがまれながら

必死で夕飯を作り上げます。

そのあとはお風呂。ついでなので、私も一緒に入ってしまいますが、

子供にとってはどこでも遊び場。お風呂に入るだけでも時間がかかります。

早くしなさいと言いながら慌ただしくお風呂を済ませます。

その後は宿題のチェック。今の小学生はこんなにも宿題が多いのだな

と思うくらい、音読、計算カード、プリント、リコーダー…

それをすべてチェックするのは時間も労力もかかります。

それらの合間に洗濯物の取り込み、洗い物など、

細々としたことを超特急ですませます。

その後、子供がやっと寝てからが私1人の時間、

と思いきや夫の帰宅。

1人で何もしないでゆっくりしたいのに、

平日の夜なんかはそんな時間は全くと言っていいほどありません。

日曜日も子供の行事や遊びに付き合ったり、

その合間に平日できなかった用事を慌てて済ませないと行けません。

子供の体の成長は目覚ましく、季節が変わるごとに洋服のサイズが変わるので、

洋服の買い出しや学校で使う用具をそろえたり。

そのため、自分のためのお買い物なんて後回しになります。

そんなこんなで、子供が小学生になったからといって、

子育てが楽になるということはほとんどありません。

まとめ

休む暇もない子育て、いつまで続くのかなと不安になることもあります。

こうやって年を取っていくだけなのかな、と悲しくなることもあります。

でも、それはリフレッシュすることで、幾分か楽になるはずです。

私は上記のような方法で、毎日を切り抜けています。

このようにリフレッシュすることで、今日もまた頑張ろうという気持ちになれます。

そして、子供が愛おしくなります。

そんな時は、子供たちをぎゅぅっと抱きしめています。

これって、今しかできないことかもしれませんからね。

みなさんも子育て疲れからリフレッシュして、

是非とも愛するお子さんにぎゅぅっとしてあげてください。



スポンサードリンク