まったく家事の分担をしてくれなかった夫が進んでやるようになった訳

皆さんの家庭ではどのように家事分担をしているのでしょうか?

私が育った家庭では父はまったく家事をせず、母がすべてやっていました。

それは祖母と同居していたのも大きいと思います。

私自身も結婚後はしばらく家事をすべて一人でやっていましたが、

あることをきっかけに少しずつ夫がやってくれるようになりました。

分担して出来ることで負担も軽くなり、精神的にも楽になりました。

我が家の場合、何をきっかけに夫が家事をやってくれるように

なったかを書いてみました。



スポンサードリンク

かなりマイペースな夫 家事の分担は全て私でも新婚時代は気にならず

付き合っているときから分かっていましたが、

残念ながら、うちの夫はマメではありません。

メールも返信までにかなーり時間がかかりますし、

こちらがイライラしてちょっと催促めいたメールをして

やっと返事があることがしばしばでした。

ですので、結婚後もマイペースな夫に特に

『ああして欲しい』とか、『こんな風にしてくれたらいいのに』

と期待して悩むことはありませんでした。

それは結婚当初、私が働いておらず

専業主婦だったのも大きいと思います。

そもそも夫は色々進んでやってくれるタイプではありません。

それはたぶん、育った家庭環境によるのではないかと感じています。

母親がすべての家事をこなし、それを当然だと

思っていたのではないでしょうか。

新婚時代はそれでも時間に余裕がある私が家事をすればいい

と思っていたので特に不満感じたことはありませんでした。

夫が家事をやってくれるようになったきっかけは私の妊娠

しばらくすると私もパートで働くようになりました。

時短勤務だったので、それほど家事の時間が減るわけでもなく、

夫がまったく家事をしてくれなくても困ることがありませんでした。

ところが、私の妊娠をきっかけに状況が変ります。

私はつわりがとてもひどかったので、寝たきり状態になり、

家事が何もできなくなりました。

すると少しずつ夫が家事をしてくれるようになったのです。

頼むと嫌がらずに洗濯物を干してくれたり、

ペットのウサギの世話を嫌な顔ひとつもせずしてくれました。

幸い夫は細かいことを気にしない性格なので、

私が動けなくて掃除が行き届いていなくても気にならないようでした。

当時はそれがとても有り難かったです。

週末に掃除機をかけたり、ワイパーで床を拭いてくれるようにもなりました。

さらに時間がある時は、私が少しでも食べられるように



スポンサードリンク

とチキンスープや簡単なサラダなどを作ってくれました。

これは本当にうれしかったです。

買ったものだとどうしても味付けが濃かったり、

似たような味がして飽きてしまいますが、

スープに夫の優しさがプラスされて、とても美味しく感じました。

素直に感謝の気持ちを伝えると、「じゃ、また作っちゃおうかな。」

とまんざらでもない様子でした。

家族が増えさらに家事ができない!気付くと夫がやっていてくれた

子どもが生まれるとますます家事に手が回らなくなりました。

例えば掃除機のごみはいっぱいになっても気づかず、

そのまま使い続けていたし、

トースターの汚れは見て見ぬふりをしていました。

以前はけっこう小まめに掃除していたところも

手つかずになってしまうところがほとんどでした。

それをたまたま、夫が自分の部屋を掃除しようとしたときに見つけて、

掃除機のごみを捨てておいてくれたり、

パンを焼こうとしたときに汚れに気付くと磨いてくれたりと、

以前なら絶対やらなかったことを進んでやってくれるようになりました。

とても嬉しくて、そのたびに大げさなくらい

「ありがとう!本当に助かるよ!」という気持ちを言葉で伝えました。

すると、それからはまるで自分の仕事として

定期的にやってくれるようになりました。

窓ふきやお風呂の天井掃除など、

なかなか私が出来ない部分も主人の担当になりました。

嬉しい気持ちは素直に伝えて その気にさせて上手にコントロール

忙しくて手が回らない時に、旦那さんがやってくれると

本当に助かりますよね。

やっぱり誰でも感謝されたり、褒められたりすると嬉しいもので、

我が家の場合それが自分から進んでやってくれることにつながったようです。

ガサツな私と違って夫のやってくれる家事は時間がかかりますが、

その分とても丁寧でありがたいです。

彼の性格上、頼んでもすぐやってくれるわけではなく、

それがいつになるのか分かりません。

あてにしているこちらとしては非常にイライラして忍耐も必要になりますが、

自分がサッサと適当にやってしまうのと、

多少イライラしながら待ってでもきれいにやってくれるのとでは、

どちらが楽かな、といつも天秤にかけて生活をしています。

男の人はプライドもありますし、

頼み方によっては気分良くやってくれるときと、

そうでないときがあるみたいですね。

旦那さんに頼むときはちょっとかわいく頼んでみると、

案外サッとやってくれたりするかもしれません。



スポンサードリンク