子育て中の仕事 時短勤務?それともフルタイム?私の働き方

昔と違って今は共働きの家庭も多いですよね。

娘を通わせている保育園でも約半数が3歳以下の子どもです。

子どもを産む前は、3歳まではしっかりみたいと思っていましたが、

いざ生まれてみると、予想以上に大変で子どもと離れる時間が欲しい

と思うと同時に、もっと将来の為に蓄えておきたいと思うようになり、

娘が2歳になったのを期に保育園に預けて働きに出ることにしました。

ここでは私の時短での働き方と周囲の環境、

フルタイム勤務に切り替える時期について考えていることをまとめてみました。



スポンサードリンク

私が仕事をしようと思った理由 返済・貯蓄・リフレッシュのため

私には2歳の娘がいます。

娘が1歳の頃、少し母に預けて2時間のパートに出たことがありましたが、

それは1カ月限定での仕事でした。

今回は娘が2歳になるのを期に保育園に預けてもう少し働くことにしました。

私が働きに出たいと思った理由は3つあります。

一つは保険の支払いや奨学金の返済のため。

二つ目は将来に備えて貯蓄をするため。

三つめはリフレッシュのため、です。

産後は主人の収入だけでやっていましたが、生活は出来ても、

将来のための貯蓄までの余裕がないことや、自分が買いたいものも我慢したり、

ちょっと気分転換に外でお茶をしたいと思っても主人に申し訳ない

と思うとできませんでした。

自分が自由に使えるお金を自分で稼ぎたいと思いました。

保育園に預け娘との貴重な時間をさらに愛おしく感じる

娘を保育園に預けるようになって、4時間のパートに出ることにしました。

収入が増えることで、心にも余裕ができました。

今まで娘とべったりだったのが、一人で身動きがとれるようになると

寂しさは多少ありますが、リフレッシュ出来てこの時間に何をしようか

と考えるようになりました。

最近ではパートの後、娘が帰ってくるまでに空いた時間で

パソコン教室に通ったり、在宅でできるちょっとした仕事をしたりしています。

離れている時間があると一緒にいる時間が貴重に思えて、

より娘のことが愛おしく感じられます。

保育園バスから降りて、家に向かう娘の後ろ姿を見て、

まだこんなにちっちゃいのに、一人で頑張ってきたんだなと思うと、

『よし、私も頑張らなくちゃ!』と娘から元気をもらいます。

働いていて一番困ること 娘が病気になったとき 園からの呼び出し

最近、娘が手足口病と夏風邪にかかり、2週間大変でした。

仕事中、電話がかかってきて、娘が熱を出しているから迎えに来てほしい

ということで、職場の上司に話し、早退させてもらいました。

幸い快く早退させてもらえましたが、

きっと世の中そういう職場ばかりではありませんよね。



スポンサードリンク

肩身の狭い思いをしながら働かれている方もたくさんいると思います。

私が時短勤務を選んだのは、やっぱり娘が2歳という年齢で

これから沢山病気をするだろうし、職場に迷惑をかけることは

容易に想像できたからです。

おそらく働きに出ると、自分も手いっぱいで、始めからフルタイムにしてしまうと、

疲れて娘にあたってしまったり、余裕がないツケが娘に行ってしまうことが

分かっていたので、最初からパートタイムでの勤務を希望しました。

3人の子育てを終えた母に聞くと5歳くらいまではいろんな病気にかかる

ということだったので、保育園のうちは時短で働きたいと思っていました。

時短勤務からフルタイム勤務へ いつのタイミングが良いのか

最近、フルタイム勤務の仕事に応募しようかどうしようか迷っています。

当初は時短勤務でしばらくいようと思っていましたが、

ちょっとこれはいいな、という求人を目にしたからです。

最初は、『これはフルタイムだし、今まで経験したことがない分野だから、

きっと無理だろうな』とその気がありませんでした。

でも、その求人を勧めてくれた母が、

「ダメもとで挑戦してみたらいいじゃない。何かあったら協力してあげるし。」

と後押ししてくれたので、何だかその気になってきました。

私は高齢出産だったので、年齢的にも新しい仕事へチャレンジできるチャンスは

ますます減ってきます。少しでも可能性があるなら、挑戦してみたい

と考えるようになってきました。

育児中、仕事に出る女性の大変さ 協力者がいるだけで全然違う

私が働き始めて実感しているのは、本当に身近に協力してくれる人が

いるといないとでは全く働きやすさが違うということです。

今回のように病気になったときでも、早退させてもらえてすぐ対応できたし、

自分が疲れてどうしようもない時に、「ちょっとやすんだらいいよ。」

と子どもを見てくれる人がいるだけで、自分の体力の回復がまったく違います。

私の職場は女性が多く、半数は私より上の年代、

つまり子育て中か、子育てが落ち着いた年代の方です。

その方たちのお陰で早退やお休みも気兼ねしながらも、取りやすい環境にあります。

先日、急に早退しなくてはいけなくなった時も、事情を話すと、

「それは仕方ないよ。気を付けて行ってね!こっちは大丈夫だから。」

と言ってもらえました。本当にありがたかったです。

新しく職場を選ぶ時も、どれくらい育児中の母親に配慮した職場環境であるかは

大切に見極めたいと思っています。

働くことは生活の為に必要ですが、やっぱり一番は娘ですので

娘に負担をかけるような働き方はしたくないなと考えているところです。



スポンサードリンク