子育てでストレスなのは旦那の無関心!育児に協力してくれないのはナゼ?!

世の中ではイクメンがもてはやされ、特集が組まれるほどですよね。

うちの旦那も子どもが生まれたらそうなってくれるかしら、

と淡い期待を抱いていました。

でも、生まれてみると全くそんなことはありませんでした。

いっぱい写真は撮っているし、デレデレしながら娘をのぞいていているのに、

なぜもっと面倒を見てくれないのか不思議でした。

そんな旦那に産後の私はとにかくイライラ!子どもより旦那がストレスでした。

ここでは、そんな私の体験と、旦那との子育ての考えの違いを書いてみました。



スポンサードリンク

産後いまだかつてないほど旦那にイライラ 存在すら嫌になる

私は産後、母にたしなめられるほど、旦那を邪険に扱いました。

「そんな言い方してたら、捨てられるよ。」と言われたほどです。

とにかく、旦那が嫌で嫌で仕方がありませんでした。

そこにいるだけで、全然動いてくれない、娘が泣いていても知らんぷり、

『一体どういう神経してるのよ!』とイライラしてばかりいました。

マイペースな人と分かっていても、頼んでもすぐやってくれないとカチンときます。

おそらく産後の寝不足とホルモンバランスが変わったせいで、

私の導火線がとても短くなっていたのだと思います。

娘が可愛いはずなのに手を出さないのはなぜ?!旦那の不思議

全く娘の面倒を見ようとはしなくても、可愛いとは思っているのは分かりました。

写真や動画は撮りまくって自分の母親に送っていたし、

頼めば何とかミルクや沐浴はやってくれたからです。

でも、まあ本当に、行動に移すまでが遅い!子どもが生まれたからといって

母親のようにすべてが子ども中心の生活になるのではなく、

相変わらず自分のペースを崩さない旦那にイライラしっぱなしでした。

不思議なのは娘があんなに泣いているのに、

全然自分から抱っこしようとしたり、あやそうとしないことでした。

私がミルクづくりやおむつの処理などで、それができないことが分かっていても、

娘を泣かせっぱなしで全然近づこうとしないのでした。

娘の泣き声もストレスでしたが、旦那のこういったところがもっとストレスでした。

育児についての考えの違いが原因だった 直接聞いて納得

娘は現在2歳になり、産後まもなくと違って少し私も余裕が出てきたので、

以前ほど旦那にイライラしなくなってきました。

それでもことあるごとに相変わらずイラっとくることはあります。

最近、ちょっと落ち着いて話す機会があったので、

ストレートに旦那に聞いてみました。

「あんまり娘の面倒みてくれないねー。」と話すと、



スポンサードリンク

「えー?!一生懸命、育児してるじゃん。頑張って働いて。」

という返事が返ってきました。

これを聞いてびっくり!そして『なるほど。旦那の育児参加は娘と遊んだり、

おむつを替えたり直接世話をすることではなかったんだ。』

と今までの行動の意味が理解できました。

そして、旦那の育った家庭のことを思いました。

旦那の母はとてもパワフルです。

聞くところによると、お父さんは物静かな人であまり積極的に子どもたちと

関わってくれる人ではなかったようです。

おそらく家事、育児全般をお義母さんがしていたのだと思います。

そんな家庭で育った旦那は、❝育児は当然、母親がやるものだ、

父親は外で働いて家族を養うもの❞という役割分担が出来ていたのだと思います。

子どものために、一生懸命働くことが、旦那なりの育児参加の方法

だったのだと知りました。

考え方の違いがあることが分かって、この人に求めても無駄だな

と諦めの境地に至りました。

やってもらえないことでヤキモキしても自分が疲れるだけだなと思ったのです。

本当はもっと協力して欲しい その気持ちを抑えて日々過ごす

子育てに対するお互いの考え方の違いが分かってからも、

やっぱり旦那にはもっと子どもと積極的に関わって欲しいなあ、

と思ってしまいます。

自分の都合の良い時だけ遊んであげて、子どもが遊んで欲しい時はそっけない態度

をとっている姿を見ていると、どうしてもイライラしてしまいます。

母親はそんな風にはいかないのよ!という感情がフツフツとわいてきてしまいます。

幸い、今は実家の両親の助けが借りられるので、そこまで旦那に頼らなくても

良い環境になって、とてもありがたいです。

あまりに旦那に助けてもらえなかったので、つらくて、

思い切って自分で環境を変えることにしたのです。

その結果、娘も以前よりのびのびとしているし、私もストレスが減りました。

今までは、もっと旦那に育児に協力して欲しいという期待が

イライラの原因になっていました。

私の弟たちが、マメに子どもの世話をし、嫁さんを助けているのを見て、

どうしても比較してしまっていたのもあると思います。

比較してもどうしようもない事にも気づきました。

最近は、それでもまったく旦那に期待しないというのは難しいので、

考えの違いも分かったことだし、期待は半分くらいになったかなと思っています。

旦那は性格的にはまじめで、ちゃんと働いてくれるし、

基本的には優しくて家族思いなんだから、それで十分じゃない、

と思うようにして、気持ちを落ち着けています。



スポンサードリンク