子育てで実母にイライラ 出産を機に関係が悪化?!その理由

子どもが生まれてから実母に対してイライラすることが増えました。

それまでは、何でも相談できる母でこんなにイライラしたことはなかったのに、

意見を言われてどうしようもなくイライラするようになりました。

責められたようにも感じ、産後の睡眠不足で参っていたこともあって

夫の前で泣いたこともあります。

ずっと良い関係でいたのに、どうして子育てをするようになったら

実母に対してこんな感情を持つようになったのか自分でもとまどいました。

ここではどんな場面で母にイライラしたのかを振り返って、

なぜそんな感情がわいてくるのか改めて考えてみました。



スポンサードリンク

一卵性親子と言われるほどそっくり 仲が良く何でも相談できた

私が子どもの頃は、とにかく怖い母でした。

でも大人になるとそうでもなくなり、一緒に出掛けたり、

色々相談できる関係になりました。

自分が成長してから分かったのですが、母はとにかく毎日が忙しくて

余裕がなかったのです。

祖母と同居していたので、気兼ねもあり父にはあまり頼れず、

すべての家事をこなしながらの子育て、フルタイムでの勤務、

そして田舎なので田畑もやり、とても体一つだけでは足りない

ほどの働きをしていました。

そういえば母が横になって休んでいる姿を見たことがなかった

と大人になってから思い出し、特に自分が子育てをするようになってからは、

3人も子どもがいたら、怒っていうことを聞かせなかったら

何もできなかっただろうと母がいつもイライラして

怖かった理由が理解できたのです。

出産後、それまで感じたことのない母へのイライラが募る

実母には何かと相談して助けてもらっていたので、

出産の時も田舎から来てもらって助けてもらいました。

娘が生まれるとやはりそこは経験者。

「もう30年以上前のことだから忘れちゃった。」と言いながらも、

てきぱきと娘の世話をしてくれました。

新米ママの私はあたふたするばかりでしたのでとても有り難かったです。

ところがそのうち、母が言う言葉にイライラするようになったのです。

たとえば、授乳の姿勢についてです。

退院後も産院で指導されたように授乳クッションを使っていましたが、

なかなかポジションが定まらず、赤ちゃんが泣くばかりで

サッと授乳させてあげられませんでした。

焦れば焦るほどうまく行かなくて、それを見ていた母は

「なんでそんなにできないの??私の時はクッションは使わなかった。」

などといってきます。

頑張っているのに、責めるようなことは言わないで!

とイライラしたり、悲しくなりました。

また、抱っこでないと寝てくれない娘だったので、

睡眠不足が続いてつらくなってきた私に母が、

添い乳で自分も一緒に寝てしまうことを提案してくれました。

ところが、それも私がうまく出来ずに母をイライラさせてしまいました。



スポンサードリンク

「どうして出来ないかなあ?!こうやってやるだけなのに!」

と強い口調で言いながら手本を見せられると、

まるでダメな母親だと責められているようで

『なんでそこまで言われなきゃならないんだ!』とムッとするだけでなく、

自分はダメな母親なんだと悲しくなりました。

それは今まで実母には感じたことのないイライラの感情でした。

最近のイライラ おむつ外しの時期のことで実母と衝突

娘が1歳を過ぎると、今度はおむつをいつ外すのか

ということを母と話すようになりました。

「昔は布おむつだったから、できるだけ早く外したくて

1歳を過ぎたら大体外していた。今はどうなの?」から始まって、

「もう、おしっこが出たことも分っているし、うんちが出ることも言えるんだから、

もっとトイレに頻繁に連れて行ってあげて、早くおむつを外した方が

いいんじゃないかなあ。」と、

ことあるごとに言ってきます。

私も早く外してあげたい思いはありますが、トイレに連れていくと

緊張して出なくなってしまうみたいで、便秘にさせてしまったこともあるし、

その子のペースもあるからそんなに言わないで欲しい、と思ってしまいます。

焦らず、マイペースに行きたいなあと考えています。

母はけっこう、昔と今の育児はだいぶ変ってきていることを

理解してくれている方だと思います。

そして私の考えを尊重してくれていますが、

やっぱりこういう衝突はちょこちょこあります。

そのたびにイライラしますが、最近は産後すぐと違って自分も眠れるので、

自分をダメ親だと責めたり、頭に血が上るほどカーッとなることもなくなってきました。

何か言われても『あ、今は「はいはい」と返事をしておいた方がいいぞ』と、

とっさに判断できるくらい余裕ができました。

イライラするのは母への甘え 信頼しているからこその反発?!

私の場合ですが、母にイライラしてしまうのは、

信頼しているからこそかな、と思っています。

なんでも相談できて、いつもは味方になってくれるのに、

時々責められたり、きつく言われると、何でそんなことを言うんだ

と思ってしまい反発してしまうのだと思います。

それから、私の考えが間違っていて、正論を言われたときに

反論できないイライラのパターンのときもあります。

基本的に母は、子どもには親が一番、として私の思いを尊重してくれているので

そこまで酷い言い合いになったことはありませんが、

ちょっと食い違いがあると「娘は私の子なんだから。」

という思いが出て来てしまったりします。

本音で言い合える実母だからこそのイライラ。

歯に衣着せぬ物言いは、娘や私のことを思っての言葉であることは

間違いありません。

母が私たちを大切に思ってくれる気持ちも尊重し、

うまく折り合いをつけながらやっていきたいなあと思っています。



スポンサードリンク