妊婦さんのお風呂掃除の方法 初期から後期までの私の体験談

妊娠中のお風呂掃除はけっこう大変な作業ですよね。

お風呂場は滑りやすい環境でちょっと恐いし、

つわりで色々な匂いがダメになって洗剤が使えなくなったり、

お腹が大きくなってくると今度はかがめなくなって床掃除もしづらいし。。。

どうやって、簡単にきれいにしたらいいかと私も悩みました。

うちはそんな私を見て、夫がちょっと便利な掃除道具を

買ってきてくれて、助かりました。

ここでは私が妊娠中にお風呂掃除をどうやって行っていたか、

その体験談を書いてみました。



スポンサードリンク

妊娠初期の風呂掃除 つわりで大変だった

妊娠初期の風呂掃除で辛かったのはなんといってもつわりですね。

私は入院するほど、ひどいつわりだったので、

ほぼ寝たきり状態になってしまいました。

妊娠が分かったころは、まだつわりも味覚が

変ってきたのを自覚するくらいで、

仕事にも行っていたし大丈夫でしたが、

7週目くらいからどんどんひどくなってきました。

出血もあったので、仕事も休ませてもらい、自宅で安静にしていました。

まだ果物や飲み物は口にでき、少しの家事程度ならこなせたので、

洗濯や簡単な床掃除、風呂掃除はやっていました。

それが、週数が進むにつれ、においもだめになっていきました。

あらゆる香りを受け付けなくなり、普段なら感じることのない、

少しの香りにも敏感に反応するようになってしまいました。

お風呂の洗剤の香りにも吐き気をもよおしてしまうので、

お風呂掃除は何も洗剤は使わないで、水をかけてから

スポンジでこするだけにしていました。

妊娠してからは、色々なところが手抜きになっていました。

けっこうそれまでは小まめに掃除するようにしていましたが、

動けなくなっていたので、あえて見て見ぬふりをして、

「掃除をしなくたって死にゃしない。」

と自分に負担をかけないようにしていました。

細かいところは気になり出すと、きりがないのでその方が楽でした。

夫も細かい人ではないので、ありがたかったです。

さらに週数が進んで、本当につわりがひどくなると、

全く家事が出来なくなりました。

風呂掃除なんて手つかずでした。

1日に1度自分がシャワーを浴びるのがやっとで、

その時汚れが気になっても自分の体を洗うのが精いっぱいで

掃除まで出来ませんでした。

そういえば、スポンジに長い柄のついた掃除道具を

夫が買ってきてくれていたので、

あまりにも汚い時は、シャワーを浴びるついでに、

床をちょっとみがいたことはあります。

でも、本当にその程度でした。

妊娠中期の風呂掃除 動きすぎて切迫早産に

妊娠中期になると、ひどかったつわりも少しずつ落ち着いてきて、

動けるようになってきました。

風呂洗剤の香りも以前ほど気持ち悪くなくなったので、

少し使って掃除が出来るようになりました。

私がひどいつわりで寝込んでいる間にこびりついた、



スポンサードリンク

物すごいカビをきれいにするために、

本当は漂白剤を使いたいところでしたが、

強い洗剤は妊婦には良くないと思い、それは止めました。

このころには、動けることがうれしくて、

以前のように小まめに掃除をしていました。

少しずつお腹が大きくなって前かがみになるのが苦しくなってくると、

やはりあの柄のついたスポンジが重宝しました。

愛用していたら、それは100均のものだったからか、

案外寿命が短くて、すぐスポンジがダメになってしまいました。

それを夫に話すと今度はもっとしっかりした2代目を買ってきてくれました。

つわりが落ち着いて、動けるようになって動き回っていたら

今度は切迫早産の疑いがあると診断され、

また安静生活に逆戻りしてしまいました。

自宅でも出来るだけ動かない生活を指示されてしまったので、

風呂掃除も小まめに出来ませんでした。

最低限の活動しかダメだったので、食事も弁当にし、

洗濯は夫にやってもらいました。

浴室も、また1日に1回シャワーを浴びる時に周りを簡単にこする程度にしました。

妊娠後期の風呂掃除 お腹が大きくてつらい

妊娠中期から後期の初めにかけて、切迫早産の疑いで再び入院していたので、

風呂はまったく手がつけられませんでした。

退院して自宅に戻り、お風呂場を見て、びっくり。もうカビだらけでした。

「よく、こんな汚い浴室でシャワーを浴びられるなあ。」

と感心するくらい汚れていたので、水回りは退院後すぐ掃除をしました。

このころにはかなりお腹も大きくなっていたので、しゃがむのもやっと。

排水溝なんて、フウフウ言いながら掃除しました。

あまりつらい時は夫を呼んで手伝ってもらいました。

37週を過ぎると、いつ生まれても良い週数に入るので、

それからは積極的に動くようにしました。

風呂掃除も張り切ってやりましたが、なにせお腹が重いので、掃除のしずらいこと。

柄のついたスポンジで全体をみがくと、隅っこの方はふつうのスポンジを床に置いて、

足で踏んづけて、それでみがきました。

お行儀が悪いなんて、こんな時は言ってられません。

出来る方法でやればいいんだわ、と開き直ってやっていました。

ただ、滑りやすいので、必ず片手はどこかにつかまってやるように気を付けました。

妊娠中の風呂掃除 旦那さんと協力し合って無理をせず

妊娠中は体も思うように動かないし、においがダメになったり、

簡単に済ますために強い洗剤を使いたくてもダメで色々制限がありました。

ちょっとそれがストレスになることもありましたが、

妊娠期間はずっと続くわけではないからと思って割り切りました。

たまには夫にも手伝ってもらって、どうしても

気になるところはきれいにしてもらいました。

妊娠中は私の体を気づかってくれて、普段はとてもマイペースな夫が

けっこうサッとやってくれて嬉しかったです。

大変な時期は旦那さんと協力しながら家事ができると本当に助かりますね。



スポンサードリンク