家事分担で夫の担当は??新婚から子どもの誕生まで我が家の場合

皆さんのご家庭ではどのように家事分担をされていますか?

今は共働きの家庭も多いですから、旦那さんが家事に

協力的だったら本当に助かりますよね。

働く女性は毎日目が回る忙しさです。

仕事に行く前の掃除、洗濯、そして帰ってからの食事作り、

本当に大変ですよね。

家事の労働時間も賃金が出たらどんなにか

やる気が出るかと考えたりします。

それぞれの家庭の生活パターンで家事分担は変わってくると思いますが、

今回は、我が家の家事分担について書いてみました。



スポンサードリンク

我が家の家事分担 生活スタイルで変わっていった

私たちは特に家事分担を決めたわけではありません。

やれる方がやればいいというスタンスですが、

夫は一人暮らしの時から料理はしなかったので、

私が担当するしかありませんでした。

洗濯、掃除も時間に余裕のある私が主にやっています。

これまでに、私が働き始めたり、子どもが生まれたりと生活も変化してきました。

それによって、家事の分担も変化しました。

どちらも無理強いすることなく、自然と分担が決まっていった感じです。

結婚する前に分かった夫の家事力

結婚したころは私が仕事をしていませんでした。

夫の住むところに引っ越す形で一緒に住み始めたので、

それまでの仕事をやめなければいけませんでした。

夫も一人暮らしが長かったし、私も社会人になってからは、

実家を出て一人暮らしをしている期間が長かったので、

それぞれ一通りの家事はできるはずでした。

でも、男の一人暮らしなんて、だいたい皆さん想像がつきますよね。

まだ私たちが付き合っている頃、夫が一人暮らしをしている

アパートに行ったことがありますが、想像通りの感じでした。

私が来るからと、一応、片づけて掃除機をかけてくれたようでしたが、

それでも特に水回りは、そんなにきれいにできていませんでした。

そんなところを見て、「汚いなー。」とは思わずに、

逆にほほえましく思いました。

あまり清潔感がないようでは困りますが、極端に潔癖でも嫌だなあ、

と思っていたので、きれい好き、とまではいかないまでも

一緒に生活していくには困らないくらいの清潔感はもっているんだな、

と分かってホッとしました。

新婚時代の家事分担

そんなわけで、結婚してからも特に夫が家事を進んでやってくれなくても

がっかりすることはありませんでした。

当時はまだ私が働いていなかったので、時間はたっぷりありましたし、

それまで忙しい毎日で家事をするのも

おっくうでそんなにていねいには出来なかったので、



スポンサードリンク

ひとつひとつの家事に時間をかけられるのが楽しくもありました。

夫も細かいことを言う性格ではないので、そこも良かったですね。

好きな時に好きなように家事ができる、そのペースは若い時に憧れだった

専業主婦の生活でした。

共働きになって家事はちょっと大変に

専業主婦は時間があって、気分も楽なのですが、夫の稼ぎで生活していると思うと、

自由に自分の買いたい物を買えない不自由さがありました。

そこで、アルバイトをすることにしました。

慣れない土地に引っ越して不安もあったので、フルタイムではなく、

5時間くらいの時短で働き始めました。

すると、今まではほとんどすべて食事作りは私がしていたのですが、

金曜日ともなると疲れてご飯を作る気にもなりませんでした。

だんだんと、「今日は外で食べて行こうか。」と私から提案するようになり、

毎週金曜日の夜は行きつけの店で食べて帰るのが習慣になりました。

以前なら私が働いていなかったので、外食にも抵抗がありましたが、

自分が働きだすとちょっと余裕が出ました。

普段、頑張っている自分へのごほうびとして

好きな物を食べてリフレッシュできました。

一食でもこうやって手を抜くことができると、本当に楽なんですよね。

私の手が回らないところは夫がやってくれるように

私が働き始めると、それまで出来ていたところに手が回らなくなってしまいました。

気づくと掃除機のごみがいっぱいになって吸いが悪くなっていたり、

換気扇のフィルターが油で汚れて茶色くなっているのに、

そのままにしているようなことが多くなりました。

気付いていても、面倒でそのままにしてしまうことが増えました。

すると、夫がサッとやってくれるようになったのです。

それまでは、ぜんぜんそういったところがなかったのに、

私が出来なくなったことで目につくようになったんですね。

これはしめた!と思いました。

そして、そんなに完璧にやらなくて良かったんだーとも思いました。

それからは、ちょっとずつ夫にも家事を頼むようになりました。

私が忙しくて出かけなければいけない時は、洗濯物を干しておいてもらったり、

掃除機をかけてもらったりします。

○○をみがいて欲しいとか、ちょっと時間がかかりそうな作業を頼むときは、

前々から余裕をもって頼み、何度も声をかけると

気が向いた時にやってくれるようになりました。

これからも、生活スタイルは変わっていくと思います。

そのたびに無理のない家事分担をして、お互いにストレスのない生活が

送れたらいいなあ、と思っています。



スポンサードリンク