スタッドレスタイヤの寿命の見分け方 夏の走行や距離との関係は?


昔買ったスタッドレスタイヤ、もったいなくて使いたいけど、

一年近くも置いといたものって使って大丈夫か心配ですよね。
今日はスタッドレスタイヤの寿命についてのお話です。

ご参考になりましたら幸いです。



スポンサードリンク

スタッドレスタイヤの寿命の見分け方


スタッドレスタイヤの寿命を見分けるにはポイントがあります。

このポイントを知るためにまずはスタッドレスタイヤが
どうして雪道で威力を発揮するのか軽くご説明します。

雪道が滑るのは路面の雪や氷から溶け出した水が原因です。
そこでスタッドレスタイヤは表面の深い溝で滑る原因となる水を
取り込んで路面から排除してしまいます。
これでグリップ力の向上が見込めるわけです。

ですからスタッドレスタイヤの寿命を見分けるには、

・水を取り込むための十分な溝が残っていること

・水を取り込む作用を助ける柔軟性が残っていること、

この2点について見れば良いということになります。

サマータイヤならばスリップサインという目安が残りの溝の深さの目安
としてついていますが、スタッドレスタイヤには雪道での性能を保つ目安となる
プラットフォームという目印がついています。

溝の50%が減って無くなると、この目印が露出します。
プラットフォームが露出してくるのは平均的な使用で
3年目くらいと言われています。

ゴムの柔軟性を見分けるのは難しいですが、明らかに硬い・ヒビが出ている
という場合は使用しないでください。

※重要! 通販等で中古品の購入をお考えの方は、溝が十分に残っていたとしても
ゴムの柔軟性がなくなっていれば使用できませんのでお気お付けください。



スポンサードリンク

スタッドレスタイヤの寿命は夏に走ったらもう終わり?


わざわざタイヤを季節ごとに交換するための費用と時間がもったいないと
感じる人はスタッドレスタイヤを冬に交換したらそのまま夏も使っている
ということがあるそうですが、やめたほうがいいです。

前述したとおりスタッドレスタイヤが威力を発揮するかどうかは、
溝の残り具合と、ゴムの柔軟性にかかっています。

乾いていて、しかも高温になる夏の路面はサマータイヤでさえ
磨耗するのに、それよりやわらかいスタッドレスタイヤの
磨耗するスピードは言うまでもないと思います。

また、そのように減りやすいタイヤではグリップ力も低いため
サマータイヤよりも滑りやすく危険なことがあります。

そして、減りやすい状況で酷使すれば寿命も一気に減って当然です。
全く性能が無くなるかは使い方次第かもしれませんが、
そのまま冬に使用するのは、よくよく考えないといけません。

「次の冬までの繋ぎだから・・・」とお考えの方がいたら、やめましょう。
路面の状況に合ったタイヤを選ぶようにしてください。

スタッドレスタイヤの寿命は距離で図れる?


スタッドレスタイヤを適切に冬のシーズンだけ使用していると
大して距離を乗らなければ溝がけっこう残ったままで
何年も経っていることがあります。

そうすると、まだ大して走ってないし大丈夫かなと思うかも知れませんが、
ちょっと待って下さい。

前述したように、スタッドレスタイヤが威力を発揮するためには、
溝の残り具合と、ゴムの柔軟性が大きく関係しています。

タイヤは使用してもしなくても、時間が経つと硬くなっていきます。

保管方法によって多少コントロールできますが、どんなに良い状態で
保管しても5年が限度です。

まとめ


ここまで、スタッドレスタイヤの寿命についてご説明してきました。

最後に適切な保管方法についてですが、
直射日光の当たらない、風通しの良い冷暗所が最適です。


次のシーズンに使用する前にはスタッドレスタイヤの溝の残り具合と
ゴムの柔軟性を確認してからご使用くださいね。

余談ですが、上記の保管場所がなんだか食品のパッケージの裏に
書いてありそうだなと思ったのは私だけでしょか?



スポンサードリンク