離乳食を始めるときに赤ちゃんがごはんでアレルギーを出さないためにしたこと

初めての子どもの離乳食は慎重になりますよね。

何をどれくらいあげたらいいのか、

始める時期はいつごろか、

アレルギーの起きやすい食品はどんなものか、

分からないことばかりですよね。

私も、ぜんぜんわからなかったので

離乳食講座に出たり、本を買って読んだり、

ネットで調べてスケジュールを組みながら新しい食品を試していきました。

ここでは、私が初めての離乳食を始める時に

どんなことに気を付けていたのか書いてみました。



スポンサードリンク

初めての物をあげるのはアレルギーが起きても病院に行ける午前中に

赤ちゃんに初めての食品をあげる時に気を付けていたことの一つに

午前中に試すということがありました。

アレルギー反応が出た時にすぐに病院にかかれる時間帯ということですね。

以前新聞で、『遊びに来ていた小学生の孫が

おやつに食べたクッキーでアナフィラキシーショックを起こし

命が危なかった』という記事を読みました。

原因はクッキーに入っていたクルミだったそうですが

赤ちゃんや幼児だけでなく成長してからも

初めて食べるものには気をつけなければいけないんだな

とそれを読んで思いました。

その新聞記事のお孫さんは最初それほど症状がひどくなかったそうです。

最初は身体がかゆいと言っていたくらいだったのが

急に呼吸できなくなって救急車で運ばれたそうです。

病院に着いた頃にはかなり悪化していてドクターが何人も集まってきて

処置してくれたようです。

あとで、「危ないところでした。」と言われて

ご自分の命が縮む思いがしたと書いてありました。

我が子がそんな状況になったら本当に恐いですよね。

パニックにならないわけがありません。

離乳食を始めた時期は5か月になってすぐ

私は、一人目の子どもで離乳食をいつから始めたらよいのか

分からなかったので集団検診でもらったチラシに書かれていた

保健所で開かれる離乳食講座に参加しました。

以前、母からは「私たちの頃は、一番最初にあげるものは

果汁をしぼったものだった。」と聞いていたので

そんな感じかなと思っていました。

ところが、今はずいぶん昔と変わって

果汁からではないんですよね。

なめらかにすりつぶしたおかゆをひとさじからあげる

と聞いてびっくりしました。

始める時期は大体5か月以降ということで

娘も5か月に入って1週目に始めてみました。

離乳食を始めるにあたって一番心配だったのは食物アレルギーです。



スポンサードリンク

私も夫もそのほかの家族にも食物アレルギーの人はいないので

大丈夫かなと思いながらやはり慎重になりました。

色々調べてみると離乳食の進め方は一つの食品を少しずつ量を増やしていき

数日様子を見て特に何もなければ次の食品を試すと書いてあったので

食べさせたものを忘れないようにメモを取りながら進めていきました。

心配な卵は医師に相談してから始めた

ごはん、野菜、果物と進んで、次第にヨーグルト、魚や肉、小麦なども

問題なくクリアしました。

でも、どうしてもアレルギーが出やすいと言われている

卵は試すのにちゅうちょして食べても大丈夫

と言われている時期を過ぎてもあげられませんでした。

そこで4歳の娘がいる弟のお嫁さんに聞いてみると

「うちも卵を食べさせるのが遅かったよ。

周りからまだ食べさせてないの―?!

ってびっくりされるくらい遅かったかな。

たしか1歳過ぎてからだったと思う。」

と言われて、ますます悩みました。

でも、この先保育園にも行かせたいし

ずっと食べさせないわけにはいかないと思い

ちょうど小児科受診をする機会があったので

先生に聞いてみました。

すると「そうねー、もう食べても良いころだから

ほんの少しから試してみてね。」と言われたので

ちょっと勇気が出ました。

翌日から本当にちょっと、耳かき一杯くらいから始めてみました。

幸い、その後量を増やしていってもアレルギーが出ることはありませんでした。

今は卵大好きになっています。

あとから、あまり特定の食品をとるのを制限して遅らせると

逆にアレルギーになりやすいという記事を読んで

あのくらいの時期に食べさせられて良かったなあ、と思っています。

まだまだ食べてない食品はたくさんある

娘は今2歳4か月。2歳になった1カ月後から保育園に通っています。

入園前にアレルギー調査がありまだ食べていない食品は

園でも気を付けてくれています。

先日のおやつに桃が出たようですがまだ入園前には食べたことがなかったので

それを知っている担任の先生が代わりにバナナをあげてくれました。

先月、桃は食べられるようになったのでそれを先生にお伝えしました。

まだ、梨と柿はこれからです。

保育園でもこうやって、アレルギーの出やすい食品は

気を付けてくれているので安心です。

赤ちゃんは、まだ消化器官が未発達です。

神経質になりすぎる必要はないと思いますが

アレルギーが起こらないかよく観察しながら

離乳食を進めていきたいですね。



スポンサードリンク