システムキッチンのステンレスのエンボス部分を掃除するときは擦っちゃダメ!!人の肌と同じようにやさしく扱おう!

キッチンのステンレスのでこぼこした部分

(エンボス加工って言うらしいですね)

に付いちゃったウロコとか

しばらく物を置きっぱなしにして付いちゃった跡って

取れないんですよね~。

ピカピカな表面のそういうよごれはここ↓

ステンレス製のやかんに付いたウロコをきれいに掃除するコツは削ること!?

で紹介している方法で取れるんですけど、

キッチンのでこぼこのところは

そこ↑で紹介したように擦ってはいけません!

じゃあ、どうすればいいの!?

こちら↓をどうぞ



スポンサードリンク

システムキッチンのステンレスは擦らずやさしく掃除しよう

ステンレス用のクレームクレンザーというものが市販されています。

これを使って水に塗らしたたわしでやさしく洗いましょう。

たわしはやわらかめで毛先が細かいものを使ってください。

金属製のたわしはもってのほかです。

決して一度に落とそうとせずに、根気よく何回かに分けて

作業をするのがコツです。

このクレームクレンザーに含まれる研磨剤はとても微細で

また濃度もそんなに濃くないので汚れを削り取るちからは

そんなに高くありません。

本当はピカピカに仕上げたいときの最後の手順で

使うようなものです。

でも、エンボス加工を損なわないためには仕方ないですね。

丁寧に根気よくやりましょう。

繰り返しやることで段々ウロコが薄くなっていきます。

っていうかエンボス加工ってなんであるのよ。ピカピカだったら削っちゃえるのに・・・

システムキッチンのステンレスにエンボス加工がしてあるのは

傷を目立たなくするためです。

傷を気にしなくていいので、普段のお手入れのときに

食器用洗剤とスポンジで表面の汚れを洗うだけで

新品みたいな状態を維持できるので

お手入れ楽チンなのです。

これがピカピカの表面だったら、スポンジでちょっと強く擦るだけで

傷が目立ってすぐに見た目が悪くなってしまいます。

なので、汚れと水気を残さないようにまめに掃除をしていれば



スポンサードリンク

本当はとっても便利なシステムキッチンなんです。

っていうか、ウロコってなんなの!?なんであんな頑固なの!

ウロコは水道水に含まれるミネラル(カルシウム等)

が結晶化してできたものです。

言ってみれば宝石や金属みたいなかたまりなのです。

そりゃ~硬いわけです。

どうせならきれいな色できらきらしていてくれたら

ちょっと飾りみたいに、・・・ならないかな?

それがカルシウムなどは真っ白なかたまりですから

なんだか汚らしく見えてイヤですね。

これを落とすには、化学的に分解して溶かすか

結晶の部分を削り取るしかありません。

通常の食器を洗う洗剤では、このような結晶は分解できないので

結晶の性質(酸性かアルカリ性か)に合わせた

薬液で分解しなければいけませんが

その薬液の使い方を間違えるとステンレスに跡が残ってしまい、

そうなるとさらに悪い状態になってしまいます。

大事なのは予防!日ごろのお手入れの方法!

ウロコや水垢に対する一番の対策は

予防することです。

方法は簡単で、料理なり食器洗いなりの作業が終わった後に

ステンレス部分を乾拭きして水気を無くしてください。

これを習慣にすることで、大変なウロコ取りの作業を

しなくて済みます。

ここで一生懸命ウロコ取りをしたあなたなら

もうあんな面倒なことはしたくないと思っていることでしょう!

ウロコ取りの苦労に比べて、本当にサッと乾拭きするだけで

予防ができてしまうのでぜひ習慣付けてくださいね!

万が一ウロコが付いてしまっても、慌てず騒がず

ここで紹介した方法を試してください!

根気よく何回かに分けてやることがコツですよ!

ちなみに、

ステンレスの汚れを放っておくと錆びちゃう?!

ステンレスは空気に触れることで酸化被膜を形成し

そのバリアのおかげで錆びを防いでいますが、

表面が汚れているとその酸化被膜が損なわれる可能性があります。

また、錆びたものを乗せられて放置されていると

酸化被膜を犯して錆が移ってきたりします。

ステンレスの錆びに対するチカラを存分に発揮するためにも

ちょっとしたお手入れで常に表面をきれいに

しておくようにしましょう!



スポンサードリンク