お年玉やお小遣いをもらうと税金がかかる?知ってると安心のお金の情報

お正月のお楽しみといえば美味しい料理や行事など色々ありますが、

子供にとって大切な一大イベントはやっぱり「お年玉」。

年々、一人当たりのもらえるお年玉単価は増加傾向にあり

もらえる子供は嬉しいですよね。

そんなお年玉やお小遣いも知っておかないと損してしまう場合もあるので

このページを読んで安心してお年玉やお小遣いを

あげたり・もらえるようにしておきましょう。



スポンサードリンク

お金を他人からもらったら発生する税金とは?

自分以外の人からお金をもらうと贈与税という税金が発生することがあります。

そもそも贈与とは、自分の財産を自分以外の相手に

無償(=タダ)で与え、相手がそれを受けた(=もらった)

ことをいいます。

この贈与という行為に対してかかる税金が「贈与税」です。

「贈与税」は国に納める税金で、決められた期限までに払わなければ

罰則で更に多い金額を払うことになってしまいます。

これは法律で決められているので、贈与を受けると

誰もが贈与税を課税されることになります。

これだけ言うと驚いたり、心配している方もいらっしゃるかもしれませんが、

「もらった金額が○○円までなら贈与税はいらないですよ~。」

という事も法律で決められているので大抵の場合は

安心してお年玉をもらうことができます。

税金がかからないお年玉やお小遣いの金額は?

贈与税には「基礎控除額」というものがあり

この基礎控除額までであればお年玉やお小遣いをもらっても

贈与税がかかりません。

この基礎控除額は年間で110万円(年間は1月~12月)

しかも、もらえる相手1人につき110万円なので

違う相手から110万円ずつもらった場合には

合計220万円になりますが

税金は発生しないという事になります。

たとえば、Aさんから90万円もらい、Bさんから50万円もらった場合

90万円+50万円=140万円になりますが、

Aさん・Bさんと違う人からもらっているので

220万円までは大丈夫!というわけです。

毎月で換算すると、91,600万円までは毎月もらえることになります。

(91,600円×12ヶ月=1,099,200円)

子供だけではなく、大人でも毎月9万円もらえると嬉しいですね。

新しい年を迎えると基礎控除額の累積もリセットされますので

毎年110万円まではもらってもOKです。

お年玉やお小遣いの平均額は?

年間110万円までもらってもOK!なのは分かったけど



スポンサードリンク

みんなそんなにお年玉やお小遣いってもらってるの?

お年玉やお小遣いの平均を調べてみたので

我が家と比べてどうだろう?

って気になる人は参考にしてみてくださいね。

まずはお年玉の平均から↓↓

・未就学児

500円~2,000円

お金ではなく、本やおもちゃ、お菓子などをあげる人も多いですよ。

・小学生(低学年)

1,000円~3,000円

・小学生(高学年)

2,000円~5,000円

小学生の場合は学年によって変えている人もいるそうです。

・中学生、高校生

5,000円~10,000円

他の親戚と金額を決めておくと迷わなくて済みそうです。

つぎにお小遣いの平均↓↓

・未就学児

お小遣いは無し

未就学児の場合は自分で管理できないのであげてないご家庭がほとんどです。

・小学生低学年

0円~500円

お手伝いをしたら、テストで100点とったらなど条件付きの人もいます。

・小学生高学年

0円~1,000円

友達と遊ぶ時の飲み物やお菓子代に使うことが多いようです。

毎月ではなく必要なときにあげるご家庭もあります。

・中学生

1,000円~2,000円

部活の帰りに飲み物を買ったりする程度の金額ですね。

・高校生

5,000円

学校帰りにお茶したり、洋服代にも使ったりするので中学生の頃より多くなりますね。

お年玉もお小遣いも大金をあげているご家庭はなさそうです。

お友達とお出かけしたり、欲しいゲームを買うのに使わずに貯めたり

使い道は子供それぞれですが「ある程度楽しめる」

くらいの金額があれば丁度良いみたいですね。

お年玉やお小遣いの平均額からみてもほとんどの人が

贈与税がかかるほどの金額になる事はなさそうですね。

税金というと身構えてしまったり、難しいと思ってしまいますが

実際のところ重要なポイントさえをつかんでおけばOK。

まとめ

・お年玉やお小遣いは年間で110万円までなら税金はいらない!

・新しい年になったら基礎控除額はリセットされる!

お年玉やお小遣いをもらったはいいけど知らず知らずのうちに

贈与税を払わないといけなくなっていた。

税金がかかるの?かからないの?と不安になった。

という事態に陥る前にお年玉やお小遣いにかかる

税金の知識をつけておくと慌てずに済みますよ。

お年玉やお小遣いは子供にとって大人になる過程のマネー教育です。

トラブルに巻き込まれないようにしっかりと

周りの大人が対応・配慮してあげてくださいね。



スポンサードリンク