子育て中の気分転換 私がしている4つの方法

子育て中は自分の時間はなかなか取れませんよね。

子どもは思い通りにいかないし

お母さん自身にやりたいことがあってもできなくて

ストレスはたまる一方ですよね。

どこかで発散したり、息を抜かないとつぶれてしまいます。

私もストレスで体調不良になりました。

慌てて病院にかけ込んだり、ノイローゼぎみになって

母に泣いて電話したこともあります。

そんな私が育児中に見つけた自分なりの気分転換の方法をここに書いてみました。



スポンサードリンク

子育て中の気分転換1 美味しい紅茶を飲む

私はお茶が好きです。

緑茶やコーヒーももちろん好きですが紅茶を良く飲みます。

授乳中は、カフェインの心配もあって

紅茶は飲まないようにしていましたが

断乳してからは好きな時に好きなだけ紅茶が飲めるので

いい気分転換になっています。

紅茶は香りがとても豊かですよね。

簡単に飲みたいときはカップにティーバッグをポンと入れて

ポットのお湯をジャーっとかけて作りますが

今日はちょっとゆったり飲みたいな

という時は、カップを温めて沸かしたてのお湯でいれます。

こういう時のためにちょっと高めの

美味しい紅茶を買って準備しておきます。

以前、夫がバラ紅茶をいれてくれたことがあって

その香りがとてもよく何とも癒されたことがありました。

それまでは、ミルクティーかレモンティーが主でしたが

バラ紅茶を知ってからは花の紅茶や、

時にはハーブティーなんかもいれて楽しんでいます。

疲れがたまって、ほっと一息つきたいとき

好きな香りの紅茶を入れて美味しいスイーツを頂くのが

私の気分転換のひとつです。

あとで今日は美味しい紅茶を飲むぞ

と思うともうひと踏ん張りできてしまうのが不思議ですね。

子育て中の気分転換2 買い物をする

買い物、と言っても私の場合ネットショッピングです。

出かけるのも気分転換にはなりますが

仕事や家事で疲れているとなかなか出かけるのがおっくうです。

そんな時、家にいながら色々なものを見て

気分転換できるネットショッピングは大活躍です。

ただぼーっと見ているだけでもそれだけに集中できるので

普段気になること(家事や育児のこと)が

その時だけは頭から離れて楽になったりします。

買いたい商品を比較して一番安い店を探し当てた時は

ちょっとした達成感があります。

こんなちょっとしたことですが主婦の私にとっては

現実から離れれられるこんな時間が子育て中の気分転換の一つになっています。

子育て中の気分転換3 録画したドラマを見る

子どもがまだ保育園に入る前は

本当にテレビを見る時間なんてありませんでした。



スポンサードリンク

でも、今はパートで働くようになり帰宅してから

子どもが帰ってくるまでに少し時間があるので

早めに家事を回してしまい余裕があったら

撮りためたドラマを見ています。

これも、ネットショッピングと同じで

その時間はそのドラマの中に自分が入り込んでしまうので

ひととき現実を忘れられてリフレッシュ出来ているのだと思います。

ドラマを見てしまって、お迎えの時間が来ても

見てない時は「ああ、もう迎えの時間か。」と思うのに

見た後は「さて、お迎えに行こう。今日はどんな風に過ごしたのかな。」

と娘の帰宅が楽しみになっていたりします。

娘にも優しく接することができて、気分転換は大事だなと実感しています。

子育て中の気分転換4 ストレッチをする

1日のうち、1回はストレッチをするようにしています。

時間は本当に短くて5分くらい。

ストレッチと腹筋だけなんですが

これをすると本当に気分がすっきりします。

体がシャキッとすると自然と気持ちもすっきりするものなんですね。

特に、少し歩いたあとだと筋肉があたたまって柔らかくなっているので

体の伸びも良くすっきり感も大きい気がします

職場が徒歩で10分くらいなので天候がそれほど悪くない時をのぞいて

できるだけ歩くように心がけています。

ウォーキング中にどうしてもスマホを見てしまいがちですが

そこはグッと我慢して自然を感じながらあるくと気分がとても良いです。

自分に合った気分転換の方法を見つけて

子どもが赤ちゃんのうちは、気分転換なんてできなくて

ストレスはたまる一方でした。

せめて好きな音楽でも聴きたいと、スマホで流し始めると

子どもが童謡を聞かせて欲しいとせがむので好きな音楽さえ聴けませんでした。

夫は自分のペースを崩さず、以前から続けている

趣味に変らず出かけていきました。

それなのに自分はやりたいこと何もできていない

と思うととてもむなしい気持ちにもなりました。

そんなとき、以前から母にすすめられていた

保育士試験を受けてみようと考えるようになりました。

ちょうど子育て中で、保育士試験に出題される分野と

これからの子どもの成長で知りたいことが重なり

再就職に向けてもいいきっかけになるのではないかと思ったからです。

これには夫も賛成し、色々協力してくれました。

勉強することも楽しく、良い気分転換になりました。

合格したときはとてもうれしかったです。

そして、育児中でもがんばればできるんだ

と自信になりました。

育児中はどうしても自分のことは後回しになってしまいますが

その中でも自分なりの気分転換の方法を見つけて

うまく息抜きができるといいですよね。



スポンサードリンク