恵方巻きを買ったけど方角がわからない?簡単に方位を調べる方法4つ

恵方巻きを買ってきて、

よっしゃ食べるか!

あれ?どっちが今年の恵方だっけ?

南南東だとか、北北西だとか

買った恵方巻きのパッケージに書いてあるけど

自分の家から見てどっちよ??

ってなります。

そんなときにすぐに方角が分かる方法を

まとめてみました。



スポンサードリンク

恵方はスマホに聞け!

1.基本機能の地図アプリから知る

一番手間がかからないのは、

スマホの地図アプリを開くのが良いです。

地図の表示を北が上に固定して

その地図と自宅の向きから

恵方を探しましょう。

2.コンパスアプリから知る

また、地図の読み方が良く分からないときは

方位磁石(コンパス)の無料アプリが

あるのでそれを使いましょう。

これだったら方位が一目瞭然なので

迷うことはないですね。

スマホを持ってないけど簡単に方位を知りたい!

スマホを使わなくても方位を簡単に知る方法はあります。

1.アナログ時計を使って方位を知る

これは日中太陽が出ているときに使える方法です。

時計の短針を太陽に向けます。

このときの、短針と12時の間(間隔が短いほう)

のちょうど真ん中の方角が南です。

この方法はアナログの腕時計があれば方位がわかるので

出先でスマホも使えなくなって方位が知りたい

なんて状況になっても使えますね。

私がガキンチョの頃、山で迷ったときに

当時は携帯すら持ってなかったですから

この方法が役に立ったのを思い出します。

(現代ではそんなサバイバルな状況に

陥ることはそうはないでしょうけど(笑))

2.衛星放送のアンテナから知る

衛星放送のアンテナはほぼ南(やや南南西)

を向いています。

なのでそれを基準にしてその年の恵方を

計るのも簡単な方法です。

集合住宅なら、どこかしら衛星放送のアンテナが

ベランダについていませんか?

そもそも恵方ってなんなの?なんでそっち向いて食べないといけないのよ?

恵方っていうのは歳徳神さんっていう

その年の金運とか幸せを司る神様がいる方角

なんだそうですよ。

その年は恵方巻きを食べるのに限らず

その恵方に向かって何かするとご利益があるんですって

だから、神社のお参りとかもそっちの方角にある神社に行ったら

ご利益増し増しなんだそうです。

ちなみに、恵方って言われるのは4方向しかありません。



スポンサードリンク

東北東、西南西、南南東、北北西

がそれです。どれも中途半端な方向っすね。

図にすると以下のような配置になっています。

十二支とは別に

甲、乙、丙、丁、戊、己、庚、辛、壬、癸

の十干というのがあって、十二支のように

毎年順繰りに変わるのだそうです。

このうち図の方位に順ずるのは

甲、丙、庚、壬

で、それぞれ

東北東、南南東、西南西、北北西

他の6つは

上記の4つのどれかと方角がいっしょです。

具体的には以下

なんでか、南南東が多いですね。

まとめ

いや~、これで来年以降も恵方で困ることはなくなりました。

ちなみに、恵方巻きの発祥は江戸時代から明治時代にかけての

大阪の花街だそうですよ。

花街で商人や、芸子さんたちが

節分に芸遊びをしながら商売繁盛を

祈って食べたのが始まりだとか。

名前も恵方巻きという名前ではなく

「丸かぶり寿司」や「太巻き寿司」

と呼ばれることが多かったと。

「丸かぶり寿司」も「太巻き寿司」も

七福にちなんで7つの具を入れて巻くのが基本

だったようです。

今じゃデパ地下や百貨店に行くと

そんなルールはお構いなしに

とにかく豪華な具が使われているだけのもの

があったりしますよね。

何が入っているんだか、1本5,000円の

ものも見たことがあります。

それを人数分用意するとか。。。

誰か買ってくれるなら

一度食べてみたいかな~?



スポンサードリンク