年越しそばの具は何をいれるべき?必ず守らないといけないとかあるの?

年越しそばの具ってみなさん何を入れますか?

私のところは関東風のかけそばに海老天を乗せたもの

を食べるのが通例になっています。

関西ではにしんそばを食べることが

多いようですね。

何か決まりがあるのでしょうか?

ちょっと調べてみました。



スポンサードリンク

年越しそばに関する決まりごと

そもそもなんで大晦日にそばを食べるんでしょうね?

そこには、麺類の中では切れやすいそばを食べることで

その年の内に付いてしまった厄を断ち切る

というげん担ぎの意味合いが込められているそうです。

また、上記の理由から年をまたいで食べては

意味がないです。

それと、残してしまうと厄を断ち切りきれずに

かえって縁起が悪いとされています。

そして、年越しそばの習慣が出来たのは江戸時代頃

だと言われているんですが

そのころ、脚気が流行っていたようで

その理由が白米を食べる習慣のせいだと

言われています。

他のおかずといっしょにバランスよく

食べていれば問題ないのですが、

その当時白米が主食というのが

広まりはじめたばかりで

やっと手に入るようになった白米のみ

食べていたために

他の栄養素が不足してしまって、

特にビタミンが欠乏したときに発症してしまう

脚気が江戸では流行してしまったようなのです。

そこで、そばを食べると脚気にならない

ということが経験的に知られていたこともあって

年の終わりに長寿を願う意味も込めて

そばが食されるようになった

ということなんです。

ちなみに、そばを食べると脚気にならない

というのはあながち間違っていなくて

ビタミンB1が欠乏すると脚気の症状が出るそうなのですが

そばにはビタミンB1が含まれています。

ただし、茹でると麺からでていってしまうので

ゆで汁も飲まないとダメですけどね。

そば湯が健康にいいというのは

ここから来ています。

様々に違う年越しそばの具

ということで、年越しそばの具に関しては

特に決まりごとはなさそうです。

おいしくそばを食べればOK!



スポンサードリンク

ここでみなさんがどんな風に

年越しそばを食べているのか

見てみましょう。

関東は色の濃いかけ出汁に天ぷら

関東は色の濃いかけ出汁に天ぷら

というのが多いです。

冬はあったかいものがいいですよね。

ちなみに、海老天を乗せるのもげん担ぎで

恵比寿様のエビ、天国の天にかけているとか

また、海老天は2本乗せて

一本は今年の分の感謝の意、一本は翌年の分の祈願用

になっていて、それをそばで細く長く繋げる

ということらしいんですね。

まさかそんなに意味が込められていたとは

思っていませんでした。

関西はにしんそば

関西は色の薄い出汁ににしんの甘露煮を乗せた

にしんそばが多いようですね。

京都にあるお店が元祖だそうで

そばと言えば、的なものなのでしょうか。

おいしそうですね。

恥ずかしながらここで調べるまで

聞いたことしかなくって

どんなものか知らなかったんです。

にしん自体は北海道でとれるもの

みたいですが、北前船で京都まで輸送されて

京都で考案されたようです。

なので、にしんを使ったそば

というだけなら北海道にもあるみたいですね。

そちらは、出汁が関東風らしいですが

そんなに有名なものなら一度は

食べてみないといけませんね。

ざるそばを食べるところも

いや!年越しそばはざるでしょ!

というところもあります。

つけ汁でズババ!っと食べるのが

江戸っ子っぽくっていい

など、かけ出汁で食べないのが

こだわりの方もいるようです。

そういう方にも、

そば湯は召し上がってほしいですね。

茹でて出ていっちゃったビタミンを

そば湯を飲むことで少しは補えますから

でないと、年末にそばを食べる意味が

半減しちゃいます。

まとめ

年越しそばに関して必ず守らないといけないことは

そばである、ということと

その年の内に食べきる

ということでした。

具に関しては特に制限が無いみたいなので

おいしく食べることができればOKです。

にしんそばを是非食べてみたいなぁ。

どうせならいつか本場京都に行って

食べてみたいな。



スポンサードリンク