ハロウィンの起源はケルトにあり?元は怖い話?トリックオアトリートって?


日本でもハロウィンってよく聞くようになりましたけど、
そもそもハロウィンってなに?と思ったのでまとめてみました。



スポンサードリンク

ハロウィンの起源はケルト民族の風習


ハロウィンはずーと昔に北欧のケルト民族の風習としてあったものが変化して
現在のカタチになった
ようです。

ケルト民族の風習では、もともと秋の収穫の頃になると死者が蘇ってくる
という部分があったそうですが、その後キリスト教の勢力に取り込まれて
昔からの風習は姿を変えてしまったので正確なところはわかっていません。

それ以降、ハロウィンはキリスト教で言う万聖節を祝うためにその前日の
10月31日に死者が蘇る。ということにして、かつての風習を部分的に
残しているようです。

どうして残したのかなどは、宗教的・思想的または民族、国家などの
パワーバランスに作用を受けた結果であるので、ここでは割愛します。

そんな背景もあってか、ハロウィンでやっていることが
ちぐはぐに感じることはありませんか?

キリスト教で蘇りの奇跡を起こせるのはイエスだけのはずですものね。

ハロウィンの起源は怖い話?


ハロウィンというと、かぼちゃの照明「ジャック・オ・ランタン」が
思い浮かびませんか?

このジャック・オ・ランタンにも由来がありました。

こんな昔話がアイルランドの伝承に残っています。

昔、悪賢いジャックという男が、ハロウィンの夜に悪魔に会った。
しかしジャックは機転を働かせて、悪魔を追い払うことに成功する。
しかも、「ジャックの魂は絶対に奪わない」という約束まで取り付けた。

時が経って、ジャックは死んだ。
ジャックは悪さばかりしていたので天国には行けなかった。

やむなく地獄に行くジャックだが、
そこでかつて約束を交わした悪魔と再会する。

悪魔は魂を取らないという約束を守り
ジャックをもと来た暗い道へと追い返す。



スポンサードリンク

悪魔は気を遣って、ありあわせのもので
ランタンを作りジャックに渡した

以来、ジャックは天国と地獄の間をさまよっている。


という話です。

ありあわせのものとはこの伝承の頃はカブだったそうです。
その後アイルランド人がアメリカに渡ってからはかぼちゃのほうが
身近になったためにかぼちゃのランタンに変わったそうです。

(ハロウィンの風習自体はキリスト教に取り込まれた後も堅持したのに、
ランタンの材質には特にこだわりがなかったようですね?)

ランタンに彫られている悪魔の顔は、伝承の頃からあったのか
後付で魔よけとして彫られるようになったのかは不明です。

そしてこの話からとってそのランタンのことを
ジャック・オ・ランタンと呼ぶようになり
死者が跋扈するハロウィンの夜は悪霊よけにジャック・オ・ランタンを
飾る、または持つようになったということです。

ハロウィンのトリックオアトリートって何?


ハロウィンといえば、死霊に扮した人間が各家庭を尋ねてトリックオアトリート!
と言ってお菓子をよこせ!と訪ねて来ますよね。

直訳すると、「悪戯されるかおもてなしをするか」という意味だそうで
ハロウィンになると死霊が蘇って悪さをするというところ
からきているようですが、なんでそれに乗じて生者が悪さをはたらくのかは
わかっていません。

いまではただのお祭りの慣習ですから、扮装した人が「トリックオアトリート!」
と訪ねてきたら、気に入らなくてもお菓子を渡してあげてくださいね。
大抵その役をやらされるのは子供なので。

ハロウィンの起源についてまとめ


ハロウィンは欧米の歴史的な諸事情によって、かなり曖昧なイベントになって
しまったようです。

とりあえず日本では深く考えずに、仮装行列をしてお祭り騒ぎする口実のひとつだ
という認識で問題ないと思います。



スポンサードリンク