寒中見舞いの時期はいつまで?贈り物や結婚報告などはしても良いの?


年賀状を送っていない方から届いていたけれど、忙しくて返事を書くのが
遅れてしまった。というとき返事はどのようにするのがよいでしょうか?
調べてまとめてみました。



スポンサードリンク
  

寒中見舞いの時期はいつまで?


年賀状のやり取りは松の内(1月7日)までというのが近年では一般的です。
それを過ぎてからお返事を書くなら寒中見舞いとして書くことになります。
寒中見舞いは松の内を過ぎてから、節分までです。

ただし、寒中見舞いはあくまで一年で一番寒い時期に先方の健康を気遣うため
のものなので年賀状が遅れたことについてはついでとして触れるようにします。

さらにそれを過ぎてしまったら、余寒見舞いとして出します。
余寒見舞いは2月末までです。

こちらも立春後の寒さのなか相手の健康を気遣うことが目的のものだ
ということを意識するようにしてください。

寒中見舞いの時期に贈り物はしても良い?


寒中見舞いに品物を送るのは一般的ではありません。たとえ善意からのことで
あっても先方にこれは何かな?と戸惑われてしまうと思います。

もしその時期にどうしても何か贈りたいものがあるのなら、寒中見舞い
としてではなく、いいものがあったので・おいしいものを見つけたので、
として送る
のが良いと思います。

また、調べている中で、年末に喪中はがきをいただいたのでお歳暮を自粛して
いたけれど、お世話になっている方だから贈り物をしたいという話がありました。

この場合は、お歳暮はその年の感謝の気持ちを表すものであって祝いの品ではない
から贈っておくべきだった
。という結論になっていました。

似た話として、喪中はがきを受け取ったけど年賀はがきは出しては
いけないのか?という話が多くみられました。



スポンサードリンク

そもそも、喪中はがきを出すというのは出す側が祝う気持ちになれないから
年賀はがきは出しませんと通知するためのものなので、受け取った側が年賀
はがきを出すことに制限はありません。
ただ、喪中はがきを出した人の心情を考えて出さないだけなのです。

ですから、“年賀”はがきは新年が明けたことを祝う意味なのでダメだけど、
くれぐれも先方に“年賀”ではないということが伝わるように配慮できている
新年のご挨拶だけのものならば出しても問題ないということです。

寒中見舞いの時期に結婚報告などをしても良いか?


新年早々に婚約して、その報告を寒中見舞いに書いても良いか?という話を
見かけました。
多く見られた意見としては、まとめてしまうのはいただけないというものでした。

寒中見舞いは先方を気遣う内容で完結し、結婚報告は別途通知する書面を用意する
のが望ましいという意見が多かったです。
どうしてもまとめて書きたい場合は、あくまで寒中見舞いのついでとして軽く
触れる程度にすべき
ということでした。

また、本来ならば年末年始の喪中の報せも寒中見舞いに含めるべきではないという
意見がありました。
他にお報せする機会がなくて仕方がなくと言う場合は、あくまで寒中見舞いの
ついでであるということを忘れないようにしましょう。

はがきでのやりとりを重視している方にとっては、そのはがきに与えられた役割
以外の内容が記載されているのはマナー違反と感じる
ようです。
何かあったらその都度速やかにお送りするのが一番良いです。

寒中見舞いの時期についてまとめ


寒中見舞いは年賀状を出していると出さないことが多いかもしれません。
そのせいか、喪中の方が年賀状の代わりの新年の挨拶として出すものと認識
している旨の意見がありましたがそれは誤りです。

季節ごとに相手のことを思ってしたためる細やかな気遣いのひとつです。
近年でははがきや手紙を使わなくなったことと共にそういった気遣いが
失われつつあることを危惧する意見もありました。



スポンサードリンク