浴室暖房の種類についておすすめや選び方は?置き型のものはない?


暖まろうと思ったのにお風呂場が寒いせいで余計に冷えちゃった
ということありませんか?
そんな悩みを解消してくれる浴室暖房についてまとめてみました。



スポンサードリンク
  

浴室暖房の種類って?


一言に浴室暖房と言っても結構種類があって熱源別に言うと
ガス式電気式温水式があります。

機能別に言うと換気または乾燥機能の有無、涼風、ミストサウナなどがあります。
これらの組み合わせから希望する最適なものを選ぶことになります。
では、それぞれの特徴などをご紹介します。

ガス式

浴室に設置する機械にガス管を繋いで使う、設置には工事が必要で導入には
15万前後かかる
(状況によってはもっと安く済む場合も、業者さんに要確認)
浴室を暖めるのが最も早く、ランニングコストも安いとされる。

電気式

電源をはじめからついているところに繋ぐとすぐにブレーカーが落ちることがあり
浴室暖房用に新たに電気の線を敷設する工事が必要になる場合があるが、取り付け
にかかる費用は一番安い
とされる。
浴室を暖めるのは少し時間がかかりコストもかかる

温水式

ガス給湯器から浴室に設置する機械に管を繋いで温水を通して使う、設置工事に
費用がかかり浴室を暖めるのにも時間がかかるが、一番体にやさしい
とされる。
ミストサウナが使える。

浴室暖房の選び方は?


まず、乾燥機能はあまり期待しないほうが良いという意見が多いです。
天日で干すほうが早い、干す場所が狭いなどの理由からです。
一人暮らしで洗濯物が少ない、または雨の日にどうしても干したい
というときになら使えるかもしれませんが
いずれにしても洗濯物が多いお宅には向いていないです。

それならば大きめの除湿機を買って部屋に干すほうが、
お布団を干すこともできますしおすすめ
できます。

そして暖房機能で選ぶならばガス式か温水式がおすすめです。
ただ暖めるだけならガス式が一番早く暖まってコストも安いですし、
温水式は暖めるのに時間はかかりますが、ミストサウナが使えるので
お風呂でとってもゆっくりできます。



スポンサードリンク

電気式は導入コストは安いですが、使用するのに電気代がとてもかかるので
長い時間は使えずお風呂に入る前に暖める程度にしか使えません。

ガスの熱源機というものを使って家の暖房などをひとまとめにまかなう機械も
あります。こちらはマンションなどでは導入が難しいかもしれませんが、戸建て
のお宅ならいっそこちらにしてしまったほうが、家中の暖房について悩む必要が
なくなり、その後のランニングコストも安く済むかもしれません。
業者さんに相談してみてください。

浴室暖房の置き型はない?


浴室の暖房で一番おすすめなのは上記の通りですが、工事するとなればやはり
ちょっと費用がかかりますから、なにか手軽に脱衣所や浴室を暖めることは
できないでしょうか?

置き型ですぐに暖まるのはやはり灯油を使うファンヒーターです。ただしお風呂に
入っている間もずっとつけていると一酸化炭素中毒などの危険性があるので
お風呂に入る前とあがったときの短い時間だけ使うように気をつけてください。

灯油のファンヒーターだと重いし、なにより灯油を買ってきたりと補給が面倒
と言う場合はカセットガスボンベを使うファンヒーターというものもあります。
これは卓上コンロなどに使うカセットガスボンベを燃料としてつかうものです。
小さくて軽いですし、カセットボンベなら補給の手間も少ないです。
ただし、こちらも燃焼させて暖をとるものなので換気が出来ない場所では長時間の
使用はしないようにしてください

浴室暖房についてまとめ


暖房は寒い時期しか使わないですから、暖かくなると忘れてしまいがちですが
私の先輩の知人がヒートショックで亡くなってしまったという話を聞いたこと
があります。

ヒートショック現象とは?

その方は屈強な体つきで病気などしなそうに見える方だったそうですが、
心筋梗塞や脳梗塞は話が別なんだなと思ったことをよく覚えています。

こういうことはいつ起こるか本当にわからないので、事前に対策の取れることは
我慢すれば済むと思わずに対策をするようにしてください。



スポンサードリンク